MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/27
  • MotorFan編集部 小泉 建治

スバル・フォレスターで日本で二番目に雪深い集落を訪ねてみた〈SUBARU FORESTER 雪上試乗記〉

SUBARU FORESTER Snow Drive Impression from Editor's room

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーフレンドリーなヘビーデューティーさ

 そしていよいよ肘折温泉に到着する。温泉街にアプローチする道路は除雪されているものの、路面にはしっかり雪が積もり、そしてこの瞬間も降り続けていた。道路の左右の雪壁は高いところで4mはありそうで、聞きしに勝る豪雪っぷりである。

「上の湯」という公衆浴場でササッと湯に浸かり、山形名物の板蕎麦をいただいた後、今度はセピアブロンズのAdvanceに乗り換える。水平対向4気筒2.0Lに電気モーターを組み合わせたハイブリッド(スバルではe-BOXERと呼ぶ)である。

 肘折温泉を後にして、今度は出羽三山神社を目指す。いったん北上し、国道47号線を最上川沿いに西へ向かい、県道45号線を再び南下する。

完全に雪に覆われた出羽三山神社。雪が深すぎて参道から拝殿に直接アプローチできないという凄まじさ。
長くて鋭利な氷柱がそこかしこに。もし頭にでも落ちてきたらかなり痛そう。
調子に乗って新雪の坂道をズンズンと進んでいくと、いきなり崖っぷちだった!

 出羽三山神社の一帯は新雪に覆われ、まさにフォレスターのクロカン性能を示すうってつけコンディションである。駐車場から徒歩で拝殿に向かい、参拝した後に再びフォレスターに乗り込み、隣接するスキー場の周辺に足を踏み入れる。

 新雪の中、中途半端な速度で前進後退旋回を繰り返す筆者の姿は、性能を試す自動車専門メディアと言うより、生まれて初めて雪を見た子犬が、最初は不安だったのにだんだん興奮が勝ってはしゃぎ回るサマに似ていたかもしれない。

 午前中に乗ったX-BREAKと比べて、雪道性能に大きな差は見られないものの、ひとつ挙げるとすれば電気モーターがもたらす絶妙なレスポンスだろう。

 悪路からの脱出を主たる目的とした低速域専用の「X-mode」は全グレードに標準装備されているが、e-BOXERのそれは、電気モーターならではの応答性の良さと制御で、よりアクセルワークに忠実なトルク供給を可能としている。

 滑りやすい路面で段差を乗り越えたり、深い雪の中から脱出するときなどにアドバンテージがあるのは確かだ。また、e-BOXERは回生ブレーキ時に制動力の前後配分を最適化させることで、アンダーステアを軽減させる制御も行っているという。

 出羽三山神社を後にし、ゴールである庄内空港に向かう。せっかく山形県に来たのだからと、推奨ルートを外れて日本海まで行ってみることにした。太平洋側で生まれ育った人間にとって、日本海の情緒には抗しがたい魅力がある。

 海岸に抜けられる場所を見つけたので、躊躇なく砂浜に出た。砂浜には雪は積もりにくいといわれるが、さすが真冬の日本海、砂の上にうっすらと雪が乗っている。砂と雪のハイブリッドという、「悪路」としては最高のスペックを誇る路面を、フォレスターはこともなげに突き進む。

 しかしここで筆者の助けとなったのは、必ずしもその卓越した悪路走破性だけではない。普段、こうした未舗装路や雪道を走る機会の少ないドライバーにとっては、絶対的なパフォーマンスの高さそのものではなく、そのパフォーマンスを「どれだけ簡単に引き出せるか」が重要になってくる。

 冒頭に記したように、フォレスターをはじめとしたスバルのAWDは、サルーンやハッチバックのような感覚で運転することができる。おかげで雪道や砂浜といったタフな状況でも、ドライバーに無用な緊張感を与えないのだ。

 本格クロカンAWDやSUVは世に数多あるが、当然ながら「らしさ」を過剰に押し出したモデルが少なくない。そのほうが商品力を訴えやすいからだ。そんな本格クロカンのアイコンとしての魅力にも大いに惹かれるものがあるが、スバルは違う道を実直に歩んできた。

 今、スバルの魅力はと問われれば、「ユーザーフレンドリーなヘビーデューティーさ」とでも答えればいいだろうか。逞しく、頼もしく、卓越したパフォーマンスを備えてはいるが、あくまでそれはドライバーに寄り添ったものなのである。

スバル・フォレスター X-BREAK
全長×全幅×全高:4625×1815×1730mm ホイールベース:2670mm 車両重量:1530kg エンジン形式:水平対向4気筒DOHC 総排気量:2498cc ボア×ストローク:94.0×90.0mm 圧縮比:12.0 最高出力:136kW(184ps)/5800rpm 最大トルク:239Nm/4400rpm トランスミッション:CVT フロントサスペンション:ストラット リヤサスペンション:ダブルウィッシュボーン タイヤサイズ:255/60R17 WLTCモード燃費:13.2km/L 車両価格:291万6000円

スバル・フォレスター ADVANCE
全長×全幅×全高:4625×1815×1715mm ホイールベース:2670mm 車両重量:1640kg エンジン形式:水平対向4気筒DOHC 総排気量:1995cc ボア×ストローク:84.0×90.0mm 圧縮比:12.5 最高出力:107kW(145ps)/6000rpm 最大トルク:188Nm/4000rpm モーター最高出力:10kW(13.6ps) モーター最大トルク:65Nm トランスミッション:CVT フロントサスペンション:ストラット リヤサスペンション:ダブルウィッシュボーン タイヤサイズ:255/55R18 WLTCモード燃費:14.0km/L 車両価格:309万9600円

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る