MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > BMW > X5 > 装備充実の最新プレミアムSUV、BMW X5が日本上陸
  • 2019/03/04
  • MotorFan編集部

装備充実の最新プレミアムSUV、BMW X5が日本上陸

4代目BMW X5が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミアムSUVの草分けとも言えるBMW X5の最新モデルが日本に上陸した!BMWが言うところのSAVはまず3.0ℓディーゼルがラインナップされた。

 昨年欧州でデビューしたBMW X5が日本でもデビューした。4世代目となる新型は全長が25mm、ホイールベースが40mm伸び、全幅が65mm拡がり、全高が10mm高くなった。全般的に大型化したが、一方で高張力鋼板などを多用することで先代モデルと比較して約15.5kg軽量化したと謳う。

 エクステリアもインテリアも最新のBMWデザイン言語となり、外観では巨大化されたキドニーグリルと立体化されたテールランプが目立つ。室内は新型3シリーズにも採用されている12.3インチのフルデジタルのメーターパネルが目立つ。タコメーターが反時計回りなのが特徴的だ。

 搭載されるエンジンは最高出力265ps/4000rpm、最大トルクはなんと620Nm/2000〜2500rpmを発生する3.0ℓ直6ディーゼルターボで、組み合わされるのは8速ATとなる。0→100km/h加速は6.5秒を誇る。

 4輪アダプティブ・エアサスペンションを採用しており、路面状況を検知して自動的に40mm上下する。マニュアルでも調整可能だ。

 3シリーズにも搭載される後退時のステアリングアシストや最新の運転支援システムなど充実した装備だが、価格は新型のスタンダードグレードが、先代の最廉価グレードとなるSEと同価格の920万円、Mスポーツが999万円となる。

BMW X5 xDrive35d
全長:4935mm、全幅:2005mm、全高:1770mm、ホイールベース:2975mm、車両重量:2190kg、車両重量:2465kg、排気量:2992cc、直列6気筒ディーゼルエンジン、最高出力:265ps(195kW)/4000rpm、最大トルク:620Nm/2000-2500rpm、燃料消費率:11.7km/ℓ(WLTC)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る