MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/06
  • MotorFan編集部

新型レクサスRC FとLCコンバーチブルコンセプトが欧州にお目見え【ジュネーブ・モーターショー2019】

ジュネーブのレクサスブースは2台のスポーツクーペが主役!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポーツカーが多いことでも知られるジュネーブショー。レクサスは今年1月のデトロイトショーで発表されていた新型RC Fと、コンセプトカーのLCコンバーチブルを展示した。

 RC FはV型8気筒の5.0ℓ自然吸気エンジンを搭載し、「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」コンセプトで2014年にデビューしたモデル。今回の新型は、従来比20kgの軽量化やエンジン出力の向上、ファイナルのローギヤ化、レースで培われた空力デバイスの追加を行なっている。日本でも今年5月に発売予定だ。

 展示されているのは、サーキットにおける走行性能を象徴するバージョンの「TRACK EDITION」で、デトロイトでは“Perfomance package”と呼ばれていたもの。カーボンセラミックブレーキやチタンマフラーなどでさらに軽量化し、内装デザインも専用のものになる。


自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る