MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/06
  • MotorFan編集部

ルノーのピックアップトラックがカッコ良すぎる!「アラスカン・アイスエディション」【ジュネーブ・モーターショー2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジュネーブ・モーターショー2019の会場で密かにワールドプレミアされたルノー・アラスカンのハードトップ装着モデルが、最高にカッコイイとにわかに注目を集めている。日本への導入の可能性は限りなく低いらしいけれど……。

ツートーンのハードトップがスタイリッシュ!

 もともと南米市場をターゲットに開発され、今やワールドワイドな人気を誇っているルノーのピックアップトラック「アラスカン」。その荷台部分に、ツートーンに塗り分けられたスタイリッシュなハードトップを装着したショーモデル「アイスエディション」がジュネーブの会場に姿を現した。

 アラスカンは160psを発生する2.5Lのガソリン自然吸気と、190psを発生する2.3Lのディーゼルターボをラインナップ。トランスミッションは6速MTもしくは7速DCTが組み合わされる。駆動方式はAWDのほか、後輪駆動も選択可能だ。

 今回ジュネーブで初披露されたアイスエディションは、とりあえず「ショーカー」ということになっているが、写真を見てもわかるとおり、すぐにでも発売できそうな完成度の高さ。

 日本への導入の可能性は限りなく低いと言わざるを得ないが、少しくらい価格が高くなってしまっても買いたいと言う人は少なからずいるはず。なにしろルノー本社の予想に反してカングーが爆発的に売れる国なのである。メーカー、インポーターの前向きな検討を願うばかりだ。

 

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る