MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/10
  • MotorFan編集部

「パーソナルでとっても元気そうなコンセプト」スバル・ヴィジヴ・アドレナリン コンセプト」のデザインをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

難波教授のデザインウォッチング ジュネーブ・モーターショー2019編②

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバルの前デザイン部長で、現在は首都大学東京で教鞭をとる難波治教授が、ジュネーブ・モーターショーを取材。今回はアシスタントなしの単独取材を敢行。デザインチェックと写真撮影をおこなった。第二弾は古巣スバルのVIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジヴ・アドレナリン コンセプト)である。

COMMENT & PHOTO◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) まとめ◎MotorFan.jp編集部

 スバルのコンセプトカーです。これは「アドレナリン・コンセプト」という名前になっています。いま、スバルのクルマはどちらかというと保守的で地味な感じのものが多いですね。もちろん、真面目なクルマ作りをしているんですが……。
 たぶん、スバルは今後もっと個性的な商品を明確に出していくということを伝えたいんだと思います。
 実際のコンセプトモデルを見てみると、どのクルマの後継になっていくかはだいたい想像できると思いますが、それよりも、今回は現行商品のどれかの次期モデルというよりも、実際にスバルがこれだけパーソナルでとっても元気そうなクルマをこれから出していきますよ、というメッセージなんだと思います。すごく楽しみなクルマですね。


「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)」を世界初公開!【ジュネーブショー2019】

 モデルも、どうしても(水平対向エンジンを縦置きで載せるので)フロントオーバーハングが長いんですが、でもそれなりにきちんをバランスをとって、それを感じさせないうまい処理がしてあります。シルエットのバランスもとれていいますね。
 スバルがこういう元気なクルマを出してくれるのなら、これからを楽しみにできるのではないでしょうか。

 でもこのモデルは少し時間がなかったのかな。デザインの作り込みが浅く見えますね。
 このヨーロッパのショーでは、欧州車の出来が良いですから、ちょっとアドレナリン・コンセプトのプラスティッキーな出来上がりとかも含めて全体に残念なところも見えますね。


「なかなか素晴らしいデザイン」マツダCX-30のデザインをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る