MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/17
  • ニューモデル速報

新型トヨタ・クラウンのメカニズムを徹底解説!

矜恃を満たす最新技術

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車の旗艦として、十五世代、60余年に渡り開発が続けられるクラウンには、その時代にトヨタが持ちうる最新・最高の技術が投入される。今回は待望の新プラットフォームを得たことで運動性能の水準が一気に上がり、それに見合うパワートレーンやサスペンションチューニングが施された。そしてついに、国内専用モデルでありながらニュルを舞台に仕上げが行なわれたという。

レポート◉安藤 眞
図版解説◉安藤 眞/編集部
フォト◉平野 陽/森 信英/編集部

慣性諸元と居住性の向上

レクサスLSに類するTNGAプラットフォームが与えられたクラウンは、やはりLS/LCと同様のコンセプトである「慣性諸元」が追求され、前後重量バランスの向上や重心高低減が施された。前後オーバーハングも短縮されている。

クラウン独特の装備

ショーファーユースの場合、後席乗員のために、ドライバーが助手席のスライド位置を動 かすことがあるため、助手席背もたれのドライバー側に電動シートのスイッチが付いている。この位置もモニター調査の結果に基づき、従来より100㎜低い位置に、1.5倍大きなスイッチを設定している。

新たな着想によるディスプレイ

上下2段に分かれたダッシュボード中央のダブルディスプレイは、マルチメディアと空調といった用途を分け、上段のディスプレイを確認しながら操作は手元にある下段の画面のみに絞るというように役割を分割。操作性と安全性を高めている。

日本人の体型に合わせたドアハンドル

ドアのアウターハンドル高さと操作角も、日本人の体型を考慮して設定。ドアの開き加減を3段階に調整するドアチェックは、形状をチューニングすることで、大きく開くほど操作荷重が大きくなるよう設計。操作時に意図せず全開にならないようにして、安全性を高めた。

所作の同調にまでこだわる

前席カップホルダーは、昇降式を採用。ケースに設けられたラックギヤの上をピニオンギヤが転動して昇降する仕組みだが、両側のピニオンギヤをシャフトに直付けし、回転を同調させることで、昇降時のガタつきを抑えた。歯形も純粋なインボリュート曲線ではなく、歯元を絞った形状を採用。歯先が出入りする際の抵抗をなくし、操作荷重が変化しない滑らかな動きを実現している。

足入れスペースを拡大して快適性を向上

リヤシートの居住性を高めるために、フロントシート下の足入れスペースを先代よりも57㎜拡大し397㎜とした。この数値は同クラスの欧州セダ ンと比べても大きいため姿勢の自由度が高く、長時間の乗車時でも快適に過ごせる。

五感で感じる室内の触感統一

室内の各部を乗員が触れる頻度で5段階にゾーン分けを行ない、見栄えと表皮の触感に統一感が持たされた。各ゾーンはそれぞれ触感の目標値が設定され、材質やシボのパターン、表面処理などで理想の感触が追求された。

日本人の体型に合わせ座面の形状が最適化されたリヤシート

日本人パネラー70人の姿勢や評価を調べることで最適な座面角を算出。座面角を日本人の体型に合わせて最適に設定することでフィット性を向上させた。体圧を分散し、長時間着座時の疲労を軽減する。

体圧分布の適正化で長時間の着座でも疲労を軽減する

上記の座面形状と角度の調整によって、体重の集中する座骨部の圧を低減したほか、腿まわりの座圧を分散して広範囲で身体を受け止めることで、フィット感と快適性を高めている。

フロア形状に影響を受けない理想の形状を追求

フロアパネル直置きのため、フロア形状によって理想的な体圧を求めにくいリヤシートだが、新型クラウンでは成形発泡ポリプロピレンの構造体を用いてシートクッションの厚みを均一化。角度も調整され、最適化されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る