MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. アルテオン

4WDターボはお父さんの息抜きだ! 4ドアサルーンAWD対決! フォルクスワーゲン・アルテオンとスバル・レガシィを比較する

  • 2019/03/11
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル・レガシィ(下)とフォルクスワーゲン・アルテオン

AWDスポーツサルーンの日本代表がレガシィであるのは、間違いないところだと思うが、その意外な対抗馬として推したいのが、フォルクスワーゲン・アルテオンである。ともにヨンクターボの4ドアというクルマ好きのする2台を、走りと日常の使い勝手で較べてみた。

新型7代目スバル・レガシィ(米国仕様) 全長×全幅×全高:4840×1840×1500mm ホイールベース:2750mm

フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4モーションRライン(日本仕様) 全長×全幅×全高:4865×1875×1435mm ホイールベース:2835mm

 7代目になって、先代よりもさらに40mm大きくなったレガシィだが、それでもアルテオンのほうが全長で25mm長く、全幅で35mm幅広い。ホイールベースは85mm長い。その一方で全高は65mm低い。エンジンは新型レガシィは2.4ℓターボ(最高出力260ps、最大トルク370Nm)で、アルテオンの2.0ℓターボ(最高出力280ps、最大トルク350Nm)よりもひとクラス上だが、スペックはと似たような数字となっている。ここはスバルがもうひと頑張りしてほしいところだ。

 新型レガシィの価格はまだ発表されていないが、6代目レガシィ(2.5ℓ自然吸気グレード)の価格は302万4000〜324万円。一方アルテオンの価格は549万〜599万円だ。5代目では約350万円だったから、時代が違うとはいえ新型がなんとか400万円を切ってくれれば嬉しいところだ。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ