MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/11
  • MotorFan編集部

「スープラは、細長くて太っちょ」量産型トヨタ・スープラとBMW Z4のディテールをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

難波教授のデザインウォッチング ジュネーブ・モーターショー2019編③

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバルの前デザイン部長で現在は、首都大学東京で教鞭をとる難波治教授が、ジュネーブ・モーターショーを取材。今回はアシスタントなしの単独取材を敢行。デザインチェックと写真撮影をおこなった。第三弾は注目の兄弟車、トヨタ・スープラとBMW Z4である。

COMMENT & PHOTO◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) まとめ◎MotorFan.jp編集部

MF:プレスデー2日目に落ち着いてジュネーブ・モーターショーの会場を取材する難波教授。向かった先にあったのは、BMWのブース。そこには、BMW Z4が鎮座していた。新型Z4とトヨタ・スープラは、ともにオーストリアのマグナシュタイヤーが生産を担当する兄弟車だ
 
難波教授:僕の中で事件が起きました。スープラとZ4の評価が大逆転です。

MF:どういうことですか? 教授、1月の東京オートサロンでスープラを見たとき、褒めていたじゃないですか?


いい仕事してますね。ちゃんとスポーツカーに見えます。トヨタ・スープラのデザインをスバルの前デザイン部長難波治教授が見る

難波教授:うーん、Z4悪くないです。BMWっぽいと言えばそれまでですが、しかし、しっかりと作られた感、剛性ある骨のしっかりした感じ、などZ4とても好感持てました!それに引き換え……

 量産型スープラ、ちょっと、いただけないです。オートサロンで見ていたカラーリングされていたスープラは、ある意味カモフラージュ車と同じ効果だったと言えます。また、高い台に載せてありましたし、視線の違いも判断を狂わせていたかもしれません。

 今回こちらで見たスープラ。
 これまで感じていたものとは別物でした。しまりのないフードの表情、ボディサイドのダミー開口からつながるリヤフェンダーなど、膨らんでいるだけで、しまりのない表情です。

 アメリカの大地で見ればまた感覚も変わるのかもしれませんが、ここではまだダイエットと引き締めが必要に見えます。
 また、クルマのディテールの出来が悪すぎます。これはマグナの限界なのか、隙間は大きく、少なくともトヨタの品質感はありません。またアウトレット風、インテーク風の黒いダミープラスティックはいけません!そういう事でクルマの信ぴょう性がすごく下がってます。

MF:あのー、Z4も生産はスープラと同じマグナシュタイヤーですよ、教授。

・・・と言って、再度Z4を見てみる。

 こちらでスープラを見て、オートサロンでの自分の判断は、何処を見ていたのか、と自分自身にガッカリしてます。

 スープラの全体の印象としては、細長くて太っちょ。

MF:これもまだ量産車ではなくて、試作車、あるいは量産試作車なんじゃないでしょうか? 日本で発売されたら、またじっくりと見てみましょうよ、教授!


「なかなか素晴らしいデザイン」マツダCX-30のデザインをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

「パーソナルでとっても元気そうなコンセプト」スバル・ヴィジヴ・アドレナリン コンセプト」のデザインをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る