MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ボルボ > XC60 > ボルボXC60 D4vsアウディQ5 TDI、より速くて使い勝手がいいのはどっち? 欧州プレミアムミッドサイズディーゼルSUV サイズ比較
  • 2019/03/13
  • 遠藤正賢

ボルボXC60 D4vsアウディQ5 TDI、より速くて使い勝手がいいのはどっち? 欧州プレミアムミッドサイズディーゼルSUV サイズ比較

ボルボXC60 D4vsアウディQ5 TDI

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボXC60 D4インスクリプション
クリーンでエレガントなスカンジナビアンデザインで構築された、クラスを超越したクオリティの内外装と、16種類以上もの先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を備えるSUV、ボルボXC60。

視界の良い高めのシートポジションと広くて多目的に使えるキャビンに、スポーティでエレガントなデザイン、卓越した走行性能と先進テクノロジーを融合した、モダンでオールラウンドなSUV、アウディQ5。

両車のボディサイズ、最小回転半径、荷室容量、エンジン性能を比較してみよう。

 Cセグメントはフォルクスワーゲン・ゴルフが永遠のベンチマークとして君臨するハッチバックをはじめとして、ありとあらゆるボディ形態において各車が主力モデルを投入する激戦区である。そしてそれは、近年大ブームとなっているSUVにおいても例外ではない。

 ボルボXC60とアウディQ5の初代モデルはいずれも2008年に欧州でデビューし、翌2009年に日本上陸。いずれもミリオンセラーへと成長した。そして現行2代目は2016年に欧州でワールドプレミアされ、翌2017年に日本でも販売を開始している。

 この両車のうち、ディーゼルエンジン搭載車の最上級モデル「ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション」と、20インチホイールを装着するなど装備を大幅に充実させた250台限定モデル「アウディQ5 TDIファーストエディション・ブラックスタイリング」の日本仕様同士で比べてみた。

ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション 全長×全幅×全高:4690×1900×1660mm ホイールベース:2865mm トレッド:フロント1655/リヤ1655mm

アウディQ5 TDIファーストエディション・ブラックスタイリング 全長×全幅×全高:4680×1900×1665mm ホイールベース:2825mm トレッド:フロント1620/リヤ1610mm

 ホイールベースとトレッドこそXC60の方が40mmほど広いものの、ボディサイズはほぼ同じ。1900mmもの全幅には、日本の狭い道と駐車場では物理的限界に直面させられることが少なくないものの、両車とも視界は良く車体の四隅を把握するのも容易なため、運転は決して難しくないはずだ。

ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション 最小回転半径:5.7m

アウディQ5 TDIファーストエディション・ブラックスタイリング 最小回転半径:5.5m

 ともにFFベースの4WDながら小回り性能は優秀。特にQ5はエンジン縦置きのメリットを活かし、255/45R20タイヤを装着するTDIファーストエディション・ブラックスタイリングを含む全仕様で5.5mを確保している。これが車幅の広さを少なからず補うことは言うまでもないだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る