MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/13
  • Motor Fan illustrated編集部 鈴木慎一

新型BMW3シリーズの「320i」 いまが買いの2つの理由 日本専用エンジンと価格

このエントリーをはてなブックマークに追加
左が新型(G20)BMW330i Mスポーツ、右が先代(F30)320dスポーツ
Dセグのスポーツセダンの代表選手であるBMW3シリーズ。日本でもこの春、先代「F30型」から「G20型」へフルモデルチェンジを果たした。BMW3シリーズといえば、「320」だ。新型BMWで320iを選ぶ理由を考えてみた。

 BMWの3シリーズといえば、「320」だ。かつては、2.0ℓガソリンエンジンとえいば、かつては直列6気筒エンジンを搭載していたが、いまは直列4気筒DOHCターボエンジンだ。
 とはいえ、いまも昔もBMW3シリーズのメイングレードは「320」である。
 ただし、320には、「i」と「d」がある。iはガソリン、dはディーゼルエンジンである。最近は、320に限って言えば、iよりもdの方が販売台数が多いという(ほかのグレードも入れると、もちろんガソリンエンジン搭載グレードの方が多いが)。


 新型3シリーズの現在のラインアップは次の通りだ。
 320i:523万円
 320iMスポーツ:583万円
 330iMスポーツ:632万円

 320i Mスポーツは、先代(F30型)から価格を据えおいている。
 まず、新型BMW 3シリーズで320iを選ぶ理由は、このコストパフォーマンスの高さだ。先代で320iより320dが売れたわけでは、ガソリンとディーゼルの価格差が小さかったからだ。


320iと320dの価格差はF30型(先代)モデルだと
320iスポーツ(8AT):560万円
320dスポーツ(8AT):585万円

で25万円ディーゼルが高い。
 燃費の良さ、燃料代の安さ、トルキーな走りで、25万円のエクストラマネーを払っても、5年乗ることを考えれば、元がとれる。


BMW320d(F30最終型)の燃費は?ガソリン320iより1年で5万7000円も燃料費が安い!?

となれば、新型もiよりdを選ぶべき、となるはずだが、今回はおそらくそうはならない。先代では25万円だった価格差が、新型ではもっと大きなると予想できる。2.0ℓ直4ディーゼルエンジンは、B47型で型式は同じだが、新型では、規制対応で尿素SCRシステムを積む。また、ターボも新型ではシーケンシャルツインになっている。つまり新型のディーゼルエンジンは、非常に高価なのだ。

 そして、今後登場する新型の320dは、xDriveモデルだけになる。
 今後、登場予定のBMW3シリーズは、
320d xDrive
M340i sDrive
330e
 である。M340iは、3.0ℓ直列6気筒ターボを積むハイパフォーマンスグレード、330eは、PHEV(プラグインハイブリッド)モデルだ。そして320dは、今回はFRモデルの導入予定はなく、xDrive(AWD)のみになる。

 

FRとxDrive(AWD)の価格差は先代では
320i スポーツ:560万円
320i xDriveスポーツ:592万円
で32万円高

 となると、ガソリンの320iよりディーゼルの320d xDriveの価格は、60万円ほど高いと予想できる。この価格差を燃料代の差額で取り戻すのは至難の技だ。

 ということで、新型BMW3シリーズは320iがいい、という結論になる。


メカニズムに注目して新型3シリーズを試乗してみる──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第15弾

新旧BMW3シリーズを乗り比べてみた——G20の330iとF30最終型の320dを比較

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る