MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/15
  • MotorFan編集部

「決して箱のデザインではない」メルセデスのEQVとVWのID.バギーをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

難波教授のデザインウォッチング ジュネーブ・モーターショー2019編⑦

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバルの前デザイン部長で現在は、首都大学東京で教鞭をとる難波治教授が、ジュネーブ・モーターショーを取材。デザインチェックと写真撮影をおこなった。第七弾はメルセデス・ベンツとVWのブースを覗いてみる。
COMMENT & PHOTO◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) まとめ◎MotorFan.jp編集部

MF:教授、次はメルセデスのブースへ行ってみましょう。EQVを見てみましょう。「EQ」ブランドですから、これまた電気自動車「EV」です。

 これかな? あ、これはEQCですね。

MF:EQCは今回のワールドプレミアではありませんよ。


メルセデス・ベンツ、EQシリーズ第一弾! フル充電で450kmの連続走行が可能、100%電気自動車の「EQC」を正式に発表

EQVいました

MF:いかがですか?


モーター駆動のプレミアムMPV、コンセプトEQVを世界初公開! 最大400kmの走行が可能!!【ジュネーブ・モーターショー2019】

 特にコメントありません

MF:……

 日本のミニバンと比べて、やはりユーザーの違いでデザインも変わるんでしょうね、と考えました。こちらでは、こういうクルマはVIPの移動や、多人数のハイヤーなど、失礼のない移動や送り迎えに使うことがほとんど。そうすると、こういう佇まいになります。決してこけおどしはありませんが、この大柄な身体を、質感上げて造形しています。決して箱のデザインではなく、自動車デザインをしています。


MF:次はVWのブースへ行ってきましょう。VWの電動車のブランドは、ID.です。ですから、このバギーも電気自動車なんでしょうね。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る