MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/17
  • MotorFan編集部 山田 俊輔

【バイクこそあおり運転対策を!】2カメラ式フルHDドラレコがミツバサンコーワから登場!大阪モーターサイクルショー2019【EDR-21】

耐震性と防水性にこだわった、SONYセンサー採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月15日(金)から17日(日)までインテックス大阪にて開催されている大阪モーターサイクルショー2019。ショー会場で見つけた、とびっきりのバイクネタをどーぞ!

PHOTO&REPORT●川島秀俊

キット構成は、本体ユニットとカメラユニット、マニュアル録画ボタンというのが共通。ハイグレードモデルにはGPSアンテナがプラスされる。本体ユニットを含め、すべて防水&耐震設計となる。

 事故の際に有力な証言者となるドライブレコーダーだが、近頃話題にあがっている”あおり運転”に対しては、前方の1カメラだけでは、心許ないというのが事実。前後2カメラで、周囲の状況をより客観的に記録するの望ましい。今までのバイク用ドラレコは1カメラ式が主流だったが、現在ミツバサンコーワが開発しているのは前後2カメラ式。クルマ用と違って、振動、雨、砂、埃などにも強い剛健なモデルとしながら、高画質録画を可能としているのが特徴だ。

 ミツバサンコーワといえばセキュリティシステムやETC車載器などの製造でもおなじみのメーカーで、今回のドライブレコーダーは大阪モーターサイクルショー2019にて初披露となったのである。
 発表された製品は3モデルあり、基本機能は共通。SONY製センサーを搭載したWDR採用のフルHD映像は電子式手ブレ補正の恩恵もあり、夜間や逆光でも高精細でなめらかな映像を記録できる。特にこだわったのはバイク特有の振動や防水対策だが、そこはバイク用ETC車載器の開発で得たノウハウを投入して優れた信頼性を実現。Wi-Fiにてスマホアプリと連携し、簡単に記録映像のプレビューや保存ができるようになっている。

 操作方法は非常にシンプルで、イグニッションONにて常時録画を開始。記録されるデータは順次上書きされるが、付属する別体スイッチを押せば任意でデータ保存できる仕組みだ。衝突などの衝撃によってイベント記録される映像以外にも、あおり運転や思い出に残したい景色をボタンひとつで上書きされずに保存できる。

 3種類のモデルごとの違いは分かりやすく、エントリーモデルの「EDR-11」は1カメラのみのキット。前後カメラを装備する「EDR-21」が実質的なスタンダードモデルで、GPS装備の「EDR-21G」は速度も記録できるハイグレードモデルとなる。

EDR-21G

前後2カメラとGPSを搭載したハイグレードモデル。走行経路や速度もGPSによって記録し、万一の際には重要な証拠データとして提示できる。
予価:3万5000円前後

カメラにはソニー製CMOSセンサーを搭載し、高画質を実現。レンズ画角は対角162度と広角なので、ヘッドライト下に装着しても信号まで映る映像が記録できる。
全モデルに装備されるマニュアル録画ボタンは、操作しやすい場所に貼れる薄型設計。高精細な映像を、ワンプッシュで上書きから保護できる。
本体はシート下やサイドカバー内側にセットするのがオススメ。16GのマイクロSDカードが同梱され、最大256Gまで対応して長時間の録画保存にも対応する。

【スピード違反はもうイヤ!】ならばデイトナのバイク用GPSレーダー探知機を! /大阪モーターサイクルショー2019

こんなに装備充実のセローとトリシティ155なら、キャンプツーリングしたくなるかも! /大阪モーターサイクルショー2019・ヤマハ

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る