MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/20
  • MotorFan編集部

【新旧比較】新型プジョー508のボディサイズを先代モデルと比べてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年3月20日、ついに日本に上陸を果たした新型プジョー508。自国のメーカーが大きなシェアを占めている日本市場において、欧州メーカーが主役を張っている数少ないカテゴリーが、自動車の王道ともいえるDセグメントのセダンおよびステーションワゴンだ。ドイツ勢が優勢なのは言うまでもないが、最近ではボルボやアルファロメオも存在感を示している。そんな激戦区に満を持して投入された新型508。まずは先代モデルからどう変わったのか、ボディサイズを見ていこう。なお、当ページでは便宜上、全長、全幅、全高のみ日本仕様の数値を、残りは欧州カタログデータを用いていることをご了承いただきたい。

先代508 全長:4830mm 全幅:1855mm 全高:1455mm ホイールベース:2817mm

新型508 全長:4750mm 全幅:1860mm 全高:1420mm ホイールベース:2793mm

全長とホイールベースがかなりダウンサイジングされた

全長
先代:4830mm
新型:4750mm(−80mm)

全幅
先代:1855mm
新型:1860mm(+5mm)

全高
先代:1455mm
新型:1420mm(−35mm)

ホイールベース
先代:2817mm
新型:2793mm(−24mm)

フロントオーバーハング
先代:985mm
新型:948mm(−37mm)

リヤオーバーハング
先代:990mm
新型:1009mm(+19mm)

ミラーtoミラー
先代:2068mm
新型:2079mm(+11mm)

最小回転半径が0.4mも短縮!

 上記の通り、全幅はほぼ変わらず、全長が大幅に短縮されたことがわかる。路上駐車が許容されているヨーロッパでは、全長が短いことは大きなアドバンテージになる。ホイールベースも僅かに短縮され、そしておそらく前輪の切れかくも増えたのであろう。最小回転半径は先代比で0.4mも短縮され、5.5mとなった。

 ここ半世紀ほどに渡って自動車は常にサイズの拡大を繰り返してきたが、そんな流れに歯止めが掛かりつつあるのは、もちろん日本人である我々にとっても喜ばしい限りだ。大きく向上した取り回し性能を日本の路上で体感できる日ももうすぐだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る