MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/23
  • MotorFan編集部 小泉 建治

ヨシムラのショート管をつけたホンダ・モンキーに惚れた!〈Monkey用Yoshimuraマフラー〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年にデビューした新生ホンダ・モンキー。カスタマイズパーツも続々とリリースされているが、ここへきて真打ちとも言えるマフラーが登場した。名門ヨシムラが放つストレートサイクロンは、政府認証モデルながら往年の直管マフラーの如きストイックなデザインが大きな魅力だ。

まるで直管! でも安心の政府認証付きです

 発売から一年近くが経ち、カスタマイズシーンも賑わっている新生ホンダ・モンキー。その真打ちとも言えるマフラーが名門ヨシムラからリリースされようとしている。

 3月22日(金)に開幕した東京モーターサイクルショー2019年に出展されたこのマフラーは、現時点では「機械曲げストレートサイクロン」と命名されており、まるで直管マフラーのようなハードな見た目が来場者の注目を集めていた。

 とはいえヨシムラのこと、もちろん政府認証を取得しており、触媒もしっかり内蔵させている。近接音量は88db(3500rpm)で、うるさすぎるということもない。

 ヨシムラではこの新型モデルを「近日受注開始予定」とアナウンスしており、発売は秒読み段階となっている。興味のある人は近所のショップに問い合わせるか、ヨシムラの公式HPをこまめにチェックしたほうがよさそうだ。

直管のような70年代風デザインがたまらない。モンキーとのマッチングは最高レベル。

 ちなみにこちらはホンダのブースに展示されていたモンキーのニューカラーモデル。新生モンキーを楽しむ環境は着々と整いつつある。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る