MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > メルセデス・ベンツ > Cクラス > 1000km走ってわかった最新メルセデス・ベンツCクラスの本当の燃費〈1.5Lガソリン「C200」&2.0Lディーゼル「C220d」〉
  • 2019/03/27
  • MotorFan編集部 小泉 建治

1000km走ってわかった最新メルセデス・ベンツCクラスの本当の燃費〈1.5Lガソリン「C200」&2.0Lディーゼル「C220d」〉

Mercedes-Benz C200 & C220d GrandTouringTest from Editor's room

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年のビッグマイナーチェンジで、6500カ所ものアップデートを施されたメルセデス・ベンツCクラス。なかでも最も大きなニュースと言えるのが、新開発の1.5Lガソリンエンジン(BSG───ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター採用)と、最新の2.0Lディーゼルエンジンの登場だろう。パワートレインに絞ってみればフルモデルチェンジ以上の大幅刷新を受けたとも言える2台のCクラスの燃費を確かめるべく、1000kmのロングドライブに連れ出してみた。

REPORT●小泉建治(KOIZUMI Kenji)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

やはりディーゼルは高速巡航が得意

 メルセデス・ベンツの基幹サルーンとも言える、Sクラス、Eクラス、Cクラスのなかで最もコンパクトであり、異様に切れるフロントタイヤがもたらす最小回転半径は5.2mと、B〜Cセグメントのハッチバック級の小回り性能を誇る。

 そんな取り回しの良さから、Cクラスは都市部や住宅地でも扱いやすいプレミアムサルーンとして根強い人気を誇っている。190の時代から代々乗り継いでいるオーナーも多いと聞く。

 とはいえメルセデス・ベンツというブランドそのもの魅力は何かといえば、それが「卓越したツアラー性能」であることに異論を挟む余地はないだろう。

 圧倒的なスタビリティと、入り組んだ旧市街でもストレスを感じない取り回しの良さ、そして人間工学に基づいて作り出された運転環境による疲労の少なさ……これらもたらす優れたツアラー性能は、メルセデス・ベンツのヘビーユーザーならばご存知のはずだ。

今回の旅に供された一台、C200アバンギャルド。「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と「48Vシステム」を採用した新開発の直列4気筒1.5Lガソリンターボを搭載する。最高出力184psと最大トルク280Nmを発生し、9速ATと組み合わされる。

 そんなCクラスのツアラー性能を量るべく、「メルセデス・ベンツCクラスのすべて(3月26日発売)」の取材で東京から三重県の関宿および伊賀上野を目指す往復1000kmの旅に出た。インプレッションについてはそちらをご参照いただきたいが、当記事では、誌面では詳しく触れることのなかった燃費についてレポートしたい。

 今回はテスト車両が2台で、取材スタッフはドライバーが2名(体重75kgと82kg)とカメラマンが1名(体重75kg)の計3名である。つまりどちらかの車両に人間がひとり多く乗ることになる。当初は約30kgのカメラ機材をカメラマンの乗らないほうの車両に積むことで差を少なくしようと考えたが、それでもどうしたって45kgほどの差は生じてしまう。それに、カメラマンが乗り換えるたびに荷物を積み替えなければならなくなってとても面倒だ。

 結局は2台の車両に均等に機材を積み、乗員ひとり分の差はそれを明記すればいいではないかという妥協案(?)に落ち着いた。燃費計測だけが目的であればもっと厳密に計測するべきだったろうが、前述の通り「メルセデス・ベンツCクラスのすべて」のツーリング企画との同時取材だったので、なにとぞご理解いただきたい。2台の差を厳密に比較するものではないが、それぞれの状況下でのリアルな燃費として参考にはなるはずだ。

今回のもう一台の相棒、C220dステーションワゴン アバンギャルド。すでにEクラスにも搭載されている新世代の直列4気筒ディーゼルターボは、従来型を凌駕する最高出力194psと最大トルク400Nmを発生しつつも低振動化、低騒音化を実現。こちらも9速ATと組み合わされる。

 東京都新宿の編集部を出発し、初台南インターチェンジから首都高速に乗る。東名、新東名、伊勢湾岸、東名阪を経て亀山インターチェンジを目指す。

 この区間、1.5Lのガソリンエンジンを搭載するC200には、体重75kgのドライバーAとカメラマンが乗車した。100km/h巡航時はよほど平坦な道が続かない限り9速に入らず、8速でのエンジン回転数は1750rpmである。ときおり9速に入るが、油断するとすぐに8速にシフトダウンされてしまう。そこでマニュアル操作で9速に固定すると1450rpmとなった。

 一方、C220dステーションワゴンには体重82kgのドライバーBが乗車。100km/h巡航時のエンジン回転数は、8 速で1400rpm、9速で1200rpmだった。こちらはどんなにアクセルを穏やかに踏んでも100km/hでは9速にシフトアップせず、マニュアル操作で固定した。自動で9速に入ったのは新東名の制限速度120km/h区間でのみだった。

 亀山インターチェンジまで385kmを走り、燃費はC200が16.0km/L、C220dステーションワゴンは18.8km/Lだった。JC08モード燃費はそれぞれ13.6km/Lと18.5km/L(AMGライン非装着モデルは18.9km/L)だから、それぞれカタログ燃費を上回ったことになる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る