MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/15
  • 古川裕

走りの魅力溢れるライバルのサイズを比較! BMW M2コンペティション対ポルシェ・718ケイマンS

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW M2 Competition
適度なサイズのスポーツモデルといえば、かつてはBMWならM3、ポルシェなら911だった。しかし、いずれのモデルも大きく、また高級化していった。そんな経緯もあり、今やそのポジションは、BMWならM2が、ポルシェなら718ケイマンが受け継いだと言えるだろう。価格帯もM2が876万~901万円、718ケイマンSが862万~909万2000円と拮抗している両車を、サイズ面から比べてみよう。

BMW M2コンペティション 全長×全幅×全高:4475×1855×1410mm ホイールベース:2695mm

ポルシェ・718ケイマンS 全長×全幅×全高:4385×1800×1295mm ホイールベース:2475mm

 どちらも全長4.5m未満とコンパクトなボディサイズだが、ポルシェ・718ケイマンSはBMW M2コンペティションよりも90mm小さい。全幅と全高を比べてみても、ひと回りはサイズが違う。
 これは、2シーターの718ケイマンSと、後席を持つM2コンペティションという乗車人数の違いが大きく関係している。M2の後席は決して広くはないが、実用性においては718ケイマンSよりも優れていると言えるだろう。

BMW M2コンペティション 全幅:1855mm トレッド:フロント1580/リヤ1600mm

ポルシェ・718ケイマンS 全幅:1800mm トレッド:フロント1515/リヤ1540mm

 全幅は55mm差でBMW M2コンペティションが大きい。ポルシェ・718ケイマンSは全幅が1800mmと、機械式立体駐車場への入庫も容易なサイズに収められている。この数値は先代のBMW3シリーズと同じであり、街中での実用性においてはアドバンテージとなる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る