MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/12
  • MotorFan編集部

生で見てみると実はかっこ良かった! 三菱・新型デリカD:5を「モーターファンフェスタ」でチェックしよう!

モーターファンフェスタ2019は富士スピードウェイで4/14(日)開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、弊社と田町にある三菱自動車さんを2往復した。それは何のためかというと、今週末4月14日(日)富士スピードウェイで開催されるモーターファンフェスタにおいて、新型デリカD:5とアウトランダーPHEVをお借りして実施するイベントの担当だから。

とはいえ、新型デリカは人気車なので広報車を借りたくてもなかなかスケジュールが合わず、今回の広報車ピックアップは非常に楽しみにしていたのだ。

ということで、三菱自動車さんの地下駐車場でご対面!

おそらく読者貴兄の多くは、最初にネットニュースなどで新型デリカの画像を見たときに、「うゎ!」とか、「やばっ!」といった、なんというかとても文字で表現しづらい言葉が頭に浮かんできたのではないだろうか。

筆者もそうだった。あまりの変貌ぶりに、わが目を疑ったというのが実のところだ。

でも、東京オートサロンで初めて自分の目で見たとき、「あれ? そうでもないんじゃない?」と感じ、大阪オートメッセで見たときは、「意外といけるんじゃない?」に変化。

そして今日。
初めて自分が運転するクルマとして目にした新型デリカD:5は、正直、かっこよく見えた。
なんだろう。この感覚。
最初びっくり。でも、慣れてくるとよく見えちゃうという。

リアビューはいたって普通。
先代を踏襲したデザインだ。

そして、シートに座り、ステアリングを握ると、、、なんでしょう、なんともいえない上質感。インパネは木目調だったり、シート色はクリームホワイトというんでしょうか、とても上品。手触り肌触りもとてもしなやか。

ステアリング回りをみてもわかるように、安全機能もフル装備です。
(今回試乗したのはデリカ D:5のPというグレード)

会社の駐車場に戻り、ライトをつけてそのルックスをチェックすると、、、ロボコップ的な男らしいその風貌のとりこになってしまいました。。。とまでいうと言いすぎか。

そして、もう一台のアウトランダーPHEV。
これ、実はあまり期待していなかったのですが、、、
正直な感想を言うと、非常によく走る! そして楽しい!

モーターのサポートがスムースかつパワフルで、少々アクセルを踏みすぎてしまうレベルの愉しさを感じました。

今回、「モーターファンフェスタ2019」では、これらのクルマをピット3Fで実施する「KIDS & FAMILY ZONE」という、お子様連れのお客様にも楽しんでいただけるスペースに展示するとともに、PHEVの給電機能を使ったポップコーンづくりやポットでお湯を沸かして皆様にくつろいでいただくためのデモを行いたくてお借りしたのですが、、、印象がガラリと変わりました。
素晴らしいパワートレイン、そして足回りだと実感。

ということで、今週末は、ぜひ富士スピードウェイで開催される「モーターファンフェスタ2019 」にお越しいただき、新型デリカD:5やアウトランダーPHEVの魅力を感じていただけると嬉しいです。
同会場では、各メーカーの新車試乗会も行われており、もちろん新型デリカD:5とアウトランダーPHEVにも乗れるチャンスがあります!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る