MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ダイハツ|DAIHATSU
  4. ミラトコット

〈ダイハツ・ミラ トコット〉飽きがこないシンプルでお洒落な意匠を追求【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

  • 2019/04/24
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:G“SAⅢ”(FF)

月間販売台数:2512台(18年8月〜19年1月平均値)
現行型発表:18年6月
JC08モード:29.8km/ℓ ※FF車

レポート●山本晋也(YAMAMOTO Shinya)
フォト●平野 陽(HIRANO Akio)
モデル●藤木由貴(FUJIKI Yuki)

全高1530mm 全幅1475mm ミラー・トゥ・ミラー1790mm
開口高625mm
全長3395mm 最小回転半径4.4m

■主要諸元 G“SAⅢ”
全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1530
室内長×室内幅×室内高(㎜):2000×1305×1270
ホイールベース(㎜):2455
トレッド(㎜) 前/後:1305/1295
車両重量(㎏):720
エンジン種類:直列3気筒DOHC
総排気量(㏄):658
最高出力(kW[㎰]/rpm):38[52]/6800
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):60[6.1]/5200
燃料タンク容量(ℓ):30(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:155/65R14
最小回転半径(m):4.4
JC08モード燃費(㎞/ℓ):29.8
車両本体価格:129万6000円

乗降性

前席:助手席シート高560mm ステップ高300mm
後席:シート高590mm ステップ高340mm

フロントはステップも低く、とても乗り降りしやすいパッケージだ。全高は低いが開口部が狭いとは感じない。後席は座面高が絶妙な設定で、腰を自然に横移動させると、そのままシートに座れるのは気持ちが良い。

足元は14 インチのスチールホイール+キャップで共通だが、キャップのデザインがグレードごとに異なる。撮影車に装着されたホワ イトのロワスカート類は「スイートスタイル」と呼ばれるセットオプションに含まれる。

先進安全装備

ミラ トコットの採用する「スマートアシストⅢ」は、小型ステレオカメラによって前方の情報を取得する。そのため車両、歩行者とも検出できる。ヘッドランプのハイ/ローを自動で適切に切り替える機能も備わっている。

撮影車両データ

ボディカラー:セラミックグリーンメタリック+デザインフィルムトップ
オプション装備:アナザースタイルパッケージ〈スイートスタイル〉(9万8820円)/特別塗装色(4万3200円)/ワイドスタンダードメモリーナビ(12万4200円)/カーペットマット〈高機能タイプ〉(2万153円)/他

ボディカラー

インパネ

インパネの樹脂パーツは白い部分が陶器のような風合いで、ナビまわりはキャンバスのような手触りとなっているのがお洒落。助手席側ドリンクホルダーを省いてしまうほど潔い、シンプルなデザインだ。着座位置は低めで、走行中にエンジンフードはほとんど視認できない。

居住性

後席:スライドもリクライニング機構も持たないシンプルなつくりの後席だが、決して座り心地が安っぽくはない。特にクッションは張りがあるしっかりとしたもので身体を支えてくれる。膝まわりの余裕も十分だ。
前席:「G」グレードは、2トーンのシート地を使うことで個性的なコックピットを演出。パイピングで縁取りをしているのも上級感につながっている。ポジション調整はシートリフターとチルトステアリングで行なう。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き400mm
後席格納時:奥行き1220mm 幅900mm 高さ810mm

4名乗車時に400㎜の奥行きを確保しているのは、このカテゴリーとしてバランスが取れている印象。後席は一体可倒式で、座面が沈み込むようなギミックもないが、段差ができないため大きくて重い荷物も積みやすい。必要十分と感じさせる思想が、ラゲッジルームからも感じられる。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ