MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. ヴェゼル

〈ホンダ・ヴェゼル〉現代のスペシャルティカーらしい高い完成度【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

  • 2019/04/29
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:TOURING・Honda SENSING

月間登録台数:4855台(18年9月~19年2月平均値)
現行型発表:13年12月(グレード追加 19年1月)
JC08モード燃費:27.0km/ℓ ※「HYBRID・Honda SENSING」のFF車

レポート●工藤貴宏(KUDO Takahiro)
フォト●平野 陽(HIRANO Akio)
モデル●住吉史衣(SUMIYOSHI Fumie)

全幅1790㎜ 全高1605㎜ ミラー・トゥ・ミラー2025㎜
開口高620㎜
全長4340㎜ 最小回転半径5.3~5.5m

■主要諸元 TOURING・Honda SENSING
全長×全幅×全高(㎜):4340×1790×1605
室内長×室内幅×室内高(㎜):1930×1485×1265
ホイールベース(㎜):2610
トレッド(㎜) 前/後:1535/1540
最低地上高(㎜):170
車両重量(㎏):1360
エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ
総排気量(㏄):1496
最高出力(kW[㎰]/rpm):127[172]/5500
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):220[22.4]/1700-5500
燃料タンク容量(ℓ):50(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:225/50R18
最小回転半径(m):5.5
JC08モード燃費(㎞/ℓ):17. 6
車両本体価格:290万3040円

乗降性

前席:助手席シート高650㎜ ステップ高420㎜
後席:シート高650㎜ ステップ高430㎜

乗降性はホンダ車トップ水準。その理由は地面に対する高さが丁度良い着座位置で、大人がシートに腰を下ろしたり、車両の横へ立ち上がる際の動きが楽なのだ。サイドステップの張り出しが少ないのも美点のひとつ。

左右2本出しのエキゾーストパイプがリヤスタイルにおけるターボエンジン搭載車「TOURING」の証。車体下部の部品は「RS」と同形状だが、ブラックの「RS」に対し「TOURING」はグレーメタリックで差別化している。

先進安全装備

珍しい機能は「歩行者事故低減ステアリング」。約10〜40㎞/hで走行中に車線を外れて路側帯の歩行者との接触が予測されると、音と表示で警告。さらに接触の可能性が高まるとステアリングも制御して回避操作を支援する。

ボディカラー

インパネ

上質感の高い仕立てがライバルに対する大きな強み。ステッチ入りのソフトパッドを広範囲に張ったダッシュボードの光沢ブラック仕上げのパネルを組み合わせ、クラスを超えた質感がユーザーの満足度を高めてくれる。エアコン操作部分はタッチスイッチ式で、1枚のパネルだから見た目もスッキリで先進的な印象だ。

居住性

後席:座った瞬間に実感するのが、足元のゆったり感。コンパクトSUVクラスでは最も広く、その圧倒的な居住性の高さは大きな魅力である。左右独立のリクライニング機構やセンターアームレストも標準装備だ。
前席:着座位置は「セダンより約100㎜高い視界」を狙って基準を設定。見晴らしの良さと腰高感のない運転感覚をバランス良く両立している。シートの上下調整量も大きく、下げるとセダンに近いポジションとなる。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き790㎜
後席格納時:奥行き1730㎜ 幅1000㎜ 高さ830㎜

後席背もたれを立てた状態でも、423ℓという大容量が自慢だ。ライバル中最大の広さを誇り、単に奥行きがあるだけでなく床が低いことにも驚く。後席格納時は背もたれを前に倒す操作だけで全体が低く沈み込み、床はフラット。そして床が低いから天地高にも余裕がある。

おすすめのバックナンバー

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ