MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > トヨタ > クラウン > トヨタ・クラウンのグレード比較【価格、内装、エクステリアなど】
  • 2019/06/03
  • ニューモデル速報

トヨタ・クラウンのグレード比較【価格、内装、エクステリアなど】

このエントリーをはてなブックマークに追加
大胆さを身に付け、伝統をさらに重ねる

トヨタのアイコンとも言えるクラウンには長い歴史がある。それゆえユーザーにはさまざまな要望があり、マーケットからの期待も大きい。そんな重圧の中、15代目クラウンは斬新な意匠を纏い、世界レベルを見据えた走り込みを経て登場した。伝統を重んじながら革新を大胆に盛り込む。そのクラウンの詳細を眺めていこう。

REPORT●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)
PHOTO●前田惠介/神村 聖/平野 陽

※本記事は2018年8月に取材したものです。

【エクステリア】流麗さをもたらす6ライトキャビン

先代の個性を巧みに継承しつつ、TNGAプラットフォームを採用した低重心フォルムを実現。ラグジュアリーサルーンの世界基準を凌駕するべく、スポーティで若々しいイメージへと刷新された。その一方で、ドアハンドルは日本人の体格を考慮した高さに設定するなど、日本の風土が生んだ国産セダンの矜持も保たれている。

【パワートレイン】2種のハイブリッドと2.0ℓ直噴ターボ

トヨタブランド初採用となる3.5ℓ V6マルチステージハイブリッド、クラウン初採用となる新世代エンジンA25A-FXS型を用いた2.5ℓ直4ハイブリッド、先代クラウンよりも出力を向上させた2.0ℓ直噴ターボ+8速ATという、合計3種類のパワートレーンをラインナップ。駆動方式は全車FRの設定で、2.5ℓハイブリッド車のみ4WDも用意されている。


【ホイール】RSにスポーティな5本スポークを設定

RS用18インチ

細かく分けると合計5種類のホイールをグレード別に設定。クラウン「RS」系には専用デザイン18インチホイールが標準装備される。「G」系や「S」系に採用される18インチは、ノイズリダクション仕様で、走行中の静粛性を高める。

G/S用18インチ
G/S用17インチ

【インストルメントパネル&メーター】ダブルディスプレイをはじめスマートな印象に進化

インテリアデザインのコンセプトはシンプル&エモーション。過剰な演出は控えつつ、大人の所有欲を満足させてくれる上質感と、理に適った先進的なユーテリティを融合した。操作スイッチのクリック感や、加飾部分が浮き沈みするドリンクホルダーの動作感など、乗る者の感性に訴えかける細かな工夫も凝らされている。
ダッシュボード上段に遠視点の8インチディスプレイを、手の届きやすいセンターポジションに7インチのマルチオペレーションタッチパネルを配置。視認性と操作性を高い次元で両立させている。
文字盤が浮き上がっているように見える先進的なオプティトロン2眼メーターを採用。「RS」系はドライブモードに応じて照明色がレッド(スポーツ/スポーツ+)やブルー(エコ)に変化する。

【シート】すべてのシートを特等席に

15代目クラウンでは、グレード別に合計3種類のシートトリムを用意。前後席ともに包まれるようなホールド感を備え、高級セダンに相応しい快適空間を実現させている。「G-Executive」など一部グレードには後席のパワーリクライニングも標準装備。

【ラゲッジ】大容量を難なく飲み込むビジネスエクスプレス

ゴルフバッグ4個も収納できる大型トランクを装備。3.5ℓ ハイブリッド車(写真)とそのほかの仕様では床下収納の形状と大きさに違いがあるが、フロア高は変わらない。

【安全性能】昼夜を問わずシステムが守る交通社会

レーントレーシングアシスト

昼夜の歩行者や昼間の自転車の検知機能など、高度なセンシング技術を採用した第二世代のトヨタ・セーフティ・センスを全車に標準装備。クルコン使用時の車線維持に必要な操舵支援も行なうレーントレーシングアシストなど、多彩な安全装備が備わる。

昼間自転車検知
昼夜歩行者検知

【コネクテッド】コネクティッド機能を全車装備

LINEマイカーアカウント

専用通信機とT-Connectナビを全車に標準装備。スマホアプリのLINEを使ってナビの目的地設定ができるなど、さまざまなコネクティッドサービスが利用可能となっている。

トヨタ・クラウンのグレード種類

15代目トヨタ・クラウンは、「RS」、「G」、「S」、「B」の4グレードを展開している。

■トヨタ・クラウン RS

2.5 RS Advance

新世代クラウンのイメージリーダー

専用の内外装やスパッタリング塗装の18インチアルミホイールなどを標準装備する走りのグレード。「RS-B」以外に標準装備される3眼LEDヘッドランプにはシーケンシャルターンランプが備わり、ドライブモードセレクトの選択肢も多く設定されている。

フロントまわりの専用装備

ブラック塗装とメッシュパターンが採用された専用フロントグリルやメッキモール付きフロントバンパーを装備。サイドの専用ロッカ ーモールディングにもメッキが施される。

リヤまわりの専用装備

リヤバンパーも専用のメッシュパターンを採用。左右4本出しエキゾーストやトランクフードのリヤスポイラー、リヤパフォーマンスダンパーも「RS」系のみに備わる特徴となっている。

ブラインドスポットモニター

後退時に近づいてくる歩行者に対しても自動ブレーキを作動するパーキングサポ ートブレーキも一部に標準装備。パッケージオプションとして設定されているグレードもある。

スポーツシートを装着

「RS Advance」系はブランノーブ+合成皮革、「RS/RS Four」はファブリックシートを標準装備。 3段階温度調整式の前席シートヒ ーターは「RS」系全車に標準装備される。


【インテリア】3トーン仕立てで高級感を演出

内装色はグレードおよびシート表皮に応じてラインナップ。本革シートの場合は、「RS」系がブラックとホワイト、そのほかのグレードはブラックとニュートラルベージュの設定となっている。

パワートレーンに内外装、駆動方式まで多様な選択肢

■クラウン G

エレガントでゴージャスな内外装

アウトサイドドアハンドルにメッキを備えるなど、「S」系に対してエクステリアのゴージャス感も高いグレード。「G-Executive」系はスパッタリング塗装の18インチノイズリダクションアルミホイールを標準装備する。

3.5 G Executive

■クラウン S

機能と装備を選択できるイージーメイド車

標準装備がある程度厳選される一方、豊富なパッケージオプションも設定されているため、自分好みの仕様にすることができる。3.5ℓハイブリッドの「S」のみ18インチノイズリダクショ
ンアルミホイールを標準装備。


■クラウン B

質実剛健のベーシックグレード

2.0ℓターボ車にのみ設定されるグレードで、16インチアルミホイールを備える。ビジネスユースも見据えて装備内容は厳選されているが、トヨタ・セーフティ・センスやT-Connectナビゲーションはしっかりと標準装備。



2.5 S

豪華な加飾を備えるフロントまわり

専用加飾が施される「RS」系に比べるとプレーンな印象となるフロントマスク。ドアウインドウフレームモールデ ィングにはステンレスが使用される。

専用のゴージャスでコンフォートな室内

「G-Executive」系は本革シ ートを標準装備。後席にも3段階温度調整式のシートヒーターが標準装備され、「G」系全車には後席パワーリクライニングも採用。

【ボディカラー】標準7色に「日本の色」を加えた13色を用意

標準設定色は7色展開。名称に「プレシャス」と付くカラ ーは顔料のアルミ粒子を整える特殊技術で力強いコントラストを実現した。完全受注生産のオプションカラーとしてジャパンカラーセレクションも6色をラインナップ。


自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る