MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > 日産 > ジューク > 〈日産ジューク〉コンパクトカー並みの運転感覚が人気の理由【ひと目でわかる最新SUVの魅力】
  • 2019/04/26
  • MotorFan編集部

〈日産ジューク〉コンパクトカー並みの運転感覚が人気の理由【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:15RX Vセレクション Style NISMO(FF)
月間登録台数:317台(18年9月~19年2月平均値)
現行型発表:10年6月(グレード追加 18年8月)
JC08モード燃費:18.0km/ℓ ※「15RX」系

レポート●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)
フォト●平野 陽(HIRANO Akio)
モデル●大須賀あみ(OSUGA Ami)
ラインナップが多彩で、外装もグレードによってかなり異なる。撮影車の「15RXVセレクションStyle NISMO」は、前後バンパーやオーバーフェンダーなどのNISMO専用エクステリアを装備。17インチのブラックアルミホイールも備わる。

■主要諸元 15RX Vセレクション Style NISMO
全長×全幅×全高(㎜):4165×1770×1565
室内長×室内幅×室内高(㎜):1835×1470×1215
ホイールベース(㎜):2530
トレッド(㎜) 前/後:1525/1525
最低地上高(㎜):170
車両重量(㎏):1210
エンジン種類:直列4気筒DOHC
総排気量(㏄):1498
最高出力(kW[㎰]/rpm):84[114]/6000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):150[15.3]/4000
燃料タンク容量(ℓ):52(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:215/55R17
最小回転半径(m):5.3
JC08モード燃費(㎞/ℓ):18.0
車両本体価格:224万7480円

先進安全装備

フロントカメラで車両や歩行者を検知する予防安全機能を採用。衝突被害軽減ブレーキのインテリジェントエマージェンシーブレーキ、LDW(車線逸脱警報)、ヘッドライトのハイビームアシストなどをグレード別に設定。

ボディカラー

居住性

後席:シート高660㎜
前席:助手席シート高630㎜

「15RX V セレクションStyle NISMO」はスエード調トリコットシートを装備。大きめのサイドサポートが備わるが、シート自体は小さいので、大柄なドライバーは窮屈に感じるだろう。後席も頭上と膝前のスペースが狭く、室内空間としてはミニマムな印象。

インパネ

インテリアにも斬新なデザインを採用し、内装色を選べる「パーソナライゼーション」など、より個性を発揮できる選択肢も用意されている。一部を除いてオートエアコンを標準装備し、ナビは販売店オプションとして設定される。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き655㎜
後席格納時:奥行き1470㎜ 幅890㎜ 高さ650㎜

テールゲートが傾斜しているため、荷室の天地スペースが狭く、荷物を上に積み重ねるような用途にはあまり向いていない。一方で幅にはゆとりがあり、9インチのゴルフバッグを横向きに置くことが可能。6対4分割可倒式の後席を倒せば、奥行きも拡大できる。容量不足をカバーする大きなラゲッジアンダーボックスもグレード別に設定。

うれしい装備

バイクの燃料タンクをモチーフにデザインされたセンターコンソールには、2本分のドリンクホルダーとスマホなどを置ける小物入れを装備。
ひとつのディスプレイで空調と走行モードの表示を兼用するユニークな操作パネルを採用。選択した走行モードによっても表示が切り替わる。
ルームミラーに車両周辺の画像を表示するインテリジェントアラウンドビューモニターをメーカーオプション設定。

バイヤーズガイド

4WDが必要でなければ1.5ℓで十分。最も買いやすいのが、17インチアルミホイールが標準装備された「15RX Vセレクション」。これにサイドエアバッグをオプション装着すればOK。個性を出したければ「パーソナライゼーション」を選べば良い。

エンジンは1.5ℓ自然吸気と1.6ℓ直噴ターボの設定で、後者には4WD仕様もラインナップ。トランスミッションはいずれもCVTとなる。NISMOが専用チューニングを施し、動力性能も高められている「NISMO」、「NISMO RS」も設定。

モーターファン別冊 統括シリーズ vol.116 2019-2020年 国産&輸入SUVのすべて
最新42車種徹底ガイド!
新型 RAV4見参!
本格四駆の出来栄えを速攻試乗でチェック!!
RAV4イチオシ「Adventure」グレードに初のトルクベクタリングAWDを採用!!

直噴ターボ追加で快進撃止まらず
ヴェゼルに「Touring」が新登場

ラテンならではの色香が薫るステルヴィオ&DS7
レクサスのプレミアムSUV、UX発進!!

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る