MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ハイエースワゴン

ついに新型トヨタ・ハイエースを日本で捕捉! 仮ナンバーで東京の街を走っていた! いよいよ日本でも発売か?

  • 2019/05/07
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型ハイエースが、ついに日本の道を走った! いまのところ海外専用モデルとされている新型ハイエースだが、東京の、それもトヨタ本社に運ばれてくる瞬間を本サイト記者が激写したのだ。初めて本物を目の当たりにした印象は「とにかくデカイ!」というもの。それにしても、なぜこのタイミングでトヨタ東京本社に運ばれてきたのだろうか?

これまでのハイエースとは別モノのスケール感

 現場に居合わせた記者によれば、「とにかくデカイ」とのこと。これまでのハイエースとはまったく別のスケール感で、マイクロバスと大型ミニバンの中間といったイメージだそう。

 目撃した車両は左ハンドル&MT仕様で、明らかに日本向けのパッケージングではない。確かに新型ハイエースがワールドプレミアされたフィリピンは右側通行の左ハンドル市場だ。

 ただ、ハイエースの最重要マーケットとされているタイ王国をはじめ、東南アジアの多くの国は日本と同様に左側通行の右ハンドル市場であり、新型ハイエースにも当然ながら右ハンドルが用意される。にもかかわらず左ハンドルが上陸したのはどういうことか?これが右ハンドル+ATだったら「いよいよか」と期待も高まるのだが……。

 ウインドウに貼られていたコーションステッカーには、英語、ロシア語、アラブ語の表記が。

 これだけ多くのマーケットで販売されるのだったら、日本で売ってくれてもいいではないか。

 画面処理を施しているが、実際には仮ナンバーを付けていた。

 この車両は14名乗り仕様だった。つまり日本の普通免許では運転できない。これも、日本導入への布石……の可能性を否定している?

 ただ、まわりにはトヨタの関係者も警備員もたくさんいたのに、これだけ堂々と撮影していても誰も何も言ってこないのはどういうことなのか? ハナから売る気がないから放置なのか? いやいや、それだったらわざわざ日本に持ってくることはないだろうし、東富士のような開発拠点付近ならまだしも、東京本社の、それも人目に付く場所に堂々と置いていたのも謎だ。

 いずれにせよ、まだ憶測の域を出ないが、新型ハイエースに関して日本でも動きがあったのは事実だ。なんとか導入してもらいたいものだが、その期待がにわかに高まる遭遇劇だった。

「世界の自動車オールアルバム2019」4月30日(火)発売!

少量生産モデルも海外専用車種も日本未導入ブランドも完全網羅!
その数、実に50ヵ国、261ブランド、3600車種にのぼります。
世界中のすべてのクルマがこの一冊に!

定価:¥1852+税

おすすめのバックナンバー

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ