MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/26
  • MotorFan編集部

これがオーナーの本音! マツダCX-5編「長所は? 短所は? 燃費は?」〈モーターファン会員アンケート〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都・ebioさん
motor-fan.jp/techでは会員登録すると2ページ目以降を購読できるようになるのは読者諸兄ならご存じのとおり。その会員の方々に向けて、車種別オーナーアンケートを試みた。今回のテーマ車両はマツダCX-5。果たしてどのような傾向が表れたか。

 マツダCX-5はSKYACTIVテクノロジーをフル搭載した第一弾。第一世代のKE型は2012年の登場で、低圧縮比のディーゼルエンジン/高圧縮比のガソリンエンジンともに大人気となった。2016年には早くも第二世代へフルモデルチェンジ。評判の高いパワートレイン/シャシー性能を踏襲しつつキープコンセプトとし、内外装の質感を高めることでさらなる人気を博している。

 そのKE/KF型CX-5のオーナーの方々へ向けて、オーナーアンケートを実施した。アンケート項目は以下のとおりである。

【車両ステータス】
 お乗りの車種名、排気量、年式/グレード名、トランスミッション
【長短所と燃費】
 長所①、②、③(50文字まで)、短所①、②、③(50文字まで)
 平均燃費(km/L)、補足コメント
【パートごとの採点】
 外観、室内、走行性能、燃費、装備、満足度
 このクルマの購入を検討している人にひと言

オーナーの考えるCX-5の長所

 購入し運用しているからこそ見えてくるところ、メーカーやメディアから発信されたメカニカルパフォーマンスに納得/感銘したポイント、ライバルと相対的に比較したことで浮かび上がるメリットなど、さまざまなご意見をいただくことができた。

 ディーゼル車のオーナーからは、パワートレインに関するコメントが多く寄せられている。

「トルクモンスター」(広島県・といプー太郎さん:MY17-XD)
「トルクで走る感覚を初めて知った」(大阪府・YUKARIHOさん:XD)
「ディーゼルのトルク感、加速が気持ちいい。さらに燃費も良いし、燃料代も安い」(愛知県・マキさん:MY12-XD)
「CX-5(KE)からの乗り換えで、以前にもましてディーゼルがもたらすトルクの凄さを感じました」(千葉県・ハルさん:XD)
「すべらないマニュアルみたいな ATがすばらしい」(愛知県・Pitさん:MY13-XD)

広島県・といプー太郎さん
大阪府・YUKARIHOさん
愛知県・マキさん

 G-ベクタリングコントロール/プラスやi-ACTIV AWDなど、シャシー性能に多くの工夫を凝らしているのもCX-5/SKYACTIVの特長。それらに関する好意的な声も多かった。

「鋭い加速とハンドリング. まるでスポーツカーみたい」(愛知県・Pitさん:MY13-XD)
「素直でイメージ通りに車が動くハンドリングと足回り」(宮城県・高橋清文さん:MY18-XD)
「拍子抜けするほどの雪道での走行安定性」(宮城県・高橋清文さん:MY18-XD)
「冬の雪、凍結した道路でも安定した四駆性能」(東京都・豊田哲也さん:MY14-XD)
「暗騒音が低い」(栃木県・山吹 哲さん:MY17-20S)
「自然過ぎていつ動いているのか分からないAWD」(広島県・といプー太郎さん:MY17-XD)

愛知県・Pitさん
宮城県・高橋清文さん
栃木県・山吹 哲さん

「魂動 - Soul of Motion」をデザインコンセプトに2011年にSUVのコンセプトモデル「MINAGI」を発表、ほぼそのままにCX-5として市場に登場した。スタイリングにも注力する近年のマツダ、格好いいから買った!というのはまことにもって正義である。

「エクステリア最高!いつ見ても惚れ惚れしてしまう。常に綺麗にしたくなる」(神奈川県・ikeさん:MY17-XD)
「華美な装飾ではなく、機能的に整理されていて、じんわりいいもの感が伝わってくる内装」(東京都・ebioさん:XD)
「秀逸な内外デザインは、クラスレス」(福岡県・ケイタさん:XD)
「デザインが美しい」(千葉県・こかこかさん:MY18-25S)

神奈川県・ikeさん

 機能や装備、燃費に関しても好意的なコメントが数々。いくつかをご紹介しよう。

「この大きさにして、デミオのガソリンと同じ燃費」(愛知県・Pitさん:MY13-XD)
「標準で安全装備が充実している」(神奈川県・かんぴーさん:MY17-20S)
「ALHがすごく便利で、もうこれがないクルマでは夜走りたくない」(千葉県・朱雀庵さん:MY15-XD)
「やはり燃費の良さと、軽油価格の安さ、ハイブリッドをしのぐ燃費です。ACCも便利で右足の負担が軽減しました」(千葉県・ハルさん:XD)
「安全装備や便利機能がてんこ盛りで価格も良心的」(静岡県・タッチGOさん:MY18-25S)
「長距離運転でも疲れにくい」(愛知県・カコ タクゾウ:MY13-XD)

神奈川県・かんぴーさん

買ったからこそ言えるデメリット

 メーカーからの「大本営発表」や新型車登場時のマスコミによる「ちょい乗り」では絶対に浮かび上がらない、長く使っているからこそ浮かび上がるオーナーからの要望と指摘。CX-5に興味を持つ人や購入を検討している人にはこれ以上の有益な情報はないだろう。

「ブレーキホールドスイッチをエンジンオンの度に入れなければならないこと。」(静岡県・タッチGOさん:MY18-25S)
「アイドルストップとホールド機能がエンジンをオフにするたびにリセットされる。」(千葉県・ハルさん:XD)
「アイドリングストップのENGのかかりが雑」(栃木県・山吹 哲さん:MY17-20S)
「斜め後方の視界が限定される。」(岐阜県・まっちゃんさん:XD)
「マツコネが色々と微妙」(宮城県・高橋清文さん:MY18-XD)
「DPF再生頻度がまだ多い。」(愛知県・カコ タクゾウさん:MY13-XD)
「CX-5、車両は素晴らしいがマツダ社のサービスに関する対応は非常識。トヨタ、日産、三菱、スバルを乗り継いだがマツダ社の購入後の対応は最低。」(東京都・豊田哲也さん:MY14-XD)
「覚悟はしていましたが、中間加速や高速道路の走行ではやはりパワー不足」(広島県・しんさん:20S)
「オートワイパーの感度が10年前の車から進化していない」(広島県・しんさん:20S)
「後席がギリギリ」(千葉県・朱雀庵さん:MY15-XD)
「レザーシートがやや滑りやすい。購入時にナッパレザー仕様があったら絶対そちらにしていました。」(千葉県・こかこかさん:MY18-25S)
「1940mmの横幅はやはりでかい」(愛知県・Pitさん:My13-XD)
「上出来とは言え、ガソリン車比、安っぽい音質とダイレクト感乏しいディーゼル・フィール。」(福岡県・ケイタさん:XD)

静岡県・タッチGOさん

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る