MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/15
  • MotorFan編集部

かつて日本でも正規輸入されていた「オペル」の最新モデル「グランドランド-Xハイブリッド4」がグローバル市場に登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
PSAグループに属しているドイツブランドのオペルはこのほど、CセグメントSUVのグランドランド-Xにプラグインハイブリッド4WD車の「グランドランド-Xハイブリッド4」を設定したと発表した。日本には導入されないが、ちょっと気になるニューモデルなので紹介しよう。

主要コンポーネントをプジョー3008と共有

 「オペル」というドイツブランドを覚えているだろうか。2006年までは日本に正規輸入されていたので、所有していた方もおられるかもしれない。日本市場撤退後も欧州を中心に展開されており、2017年にはそれまでのGMグループから、プジョーやシトロエンを要するPSAグループの一員となった。

 そんなオペルの現行モデル「グランドランド-X」は、2017年に誕生。PSAグループの新世代プラットフォーム「EMP2」をはじめ、メカニカルコンポーネントの多くをプジョー3008と共有したCセグメントSUVである。

 ボディサイズは全長4477×全幅1856×全高1609mmで、ホイールベースは2675mm。エンジンは、ガソリン仕様が130psの1.2Lターボと180psの1.6Lターボ、ディーゼル仕様が130psの1.5Lターボと177psの2.0Lターボを設定。トランスミッションはエンジンによって6速MTや8速ATが組み合わされている。駆動方式はFFのみだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る