MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/18
  • MotorFan編集部 大家 伝

発売目前のヤマハ・テネレ700、海外ではすでに2タイプのアクセサリー装着車も登場!

欧州ではデモツアーも行われるというではないか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
全世界で発売が待ち望まれているテネレ700だが、さらなる注目と話題を振り撒いてくれそうなホットニュースが届いた。それはテネレ700に設定される魅力的な2タイプのパッケージ、そしてそれらを体験できるデモツアーも行われるというもの。これはめちゃ気になる!
TEXT●大家伝(OYA Den)

https://motor-fan.jp/article/10006402

ヤマハテネレ700のアクセサリーパックとサマーデモツアーが発表された! ……といっても海外での話題。

 2018年11月6日のEICMAに市販予定車として発表された「YAMAHA Ténéré(ヤマハ・テネレ)700」。並列2気筒689ccエンジンでを搭載する、ミッドウェイトアドベンチャーマシンとして、海外はもちろん、日本国内でも今か今かと発売を待ち望む声が聞こえるこのモデルだが、欧州エリアに向けた「2つの魅力的なエキストラパッケージ」設定のニュースが発表された。

Explorer Pack

 まずはその1つ、エクスプローラーパックから紹介しよう。パッケージの説明としては「オフロードでの高い汎用性とともに長距離ロードライディングにも対応させるため、ライダーが旅立つのに必要な装備を提供します」というもの。その内容は72Lのキャリング容量を備えた安全かつ頑丈なアルミニウムサイドケース(もちろんロック可能)に始まり、安定した駐車を可能としつつメンテナンスにも貢献してくれるメインスタンド、スタンダードより広い面積をカバーして33%も厚みを増したスキッドプレート、ケースやボディーパネルを偶発的な損傷から保護するのに役立つチューブラーエンジンガード、そして追加の収容力を与えるモノシートラックという構成だ。

Rally Pack

 続いて2つ目となるラリーパックも紹介しておこう。こちらは「よりスリリングなアドベンチャーライドを求める人が、ダート走行時にバイクを限界に近づけることを可能にします」というもの。その内容は体重移動しやすくアグレッシブなコントロールが可能となる平坦でより高くなった1ピース・ラリーシート、本格派ラリーモデルの外観を実現しつつダカール仕様の排気音も味わえるアクラポビッチ製スリップオンサイレンサー、路面から強く押し出されたときにトランスミッションが確実に作動するのに貢献するチェーンガードとチェーンガイド、トラブルの元にも成りかねない石や破片を防ぐのに役立つラジエータープロテクター、車体をシャープに見せるために役立つナンバープレートホルダー・LEDインジケーター・保護タンクパッドという構成。

 さてエクスプローラパックとラリーパックは、欧州エリアにおいて9月に発売される予定とのこと。また、これらとは別にアクセサリー類も用意される。好みのアクセサリーを希望するパックに追加することで、より個性を発揮させつつ個々の使い勝手向上も可能となるのだとしている。

ヤマハテネレ700デモツアー

 さらに6月から7月にかけて「ヤマハテネレ700デモツアー」も開催される。これはヤマハのエキスパートガイドライダーと技術者のチームが6月上旬にヨーロッパのデモツアーを開始し、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、スイス、オランダ、ベルギー、そして英国を訪問するというもの。注文前にテネレ700を試すことができるだけでなく、すべての色と両方のアクセサリーパックのオプションを詳しく検討する機会にもなるだろう。
 ぜひともエキストラパッケージ&デモツアーを日本国内でも実現してもらいたいものである。








https://motor-fan.jp/article/10006402

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る