MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/25
  • MotorFan編集部 小泉 建治

カッコ良すぎ! 新型スズキ・カタナ用の純正アクセサリーが早くもスタンバイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年5月24日(金)に発表されたばかりの新型スズキ・カタナだが、早くもズラリとラインナップされた純正アクセサリーにも注目が集まっている。数々のカーボンパーツやカラードシートといった上質感を高めてくれるドレスアップアイテムから、グリップヒーターのような実用装備まで、「とりあえず全部!」と言いたくなる出来映えと品揃えだ。

世界中のライダーが物欲モード全開に!?

 ただでさえ切れ味抜群なスタイルで購入意欲をおおいに刺激してくる新型カタナだが、最初からこれだけの純正アクセサリーを用意されたらたまったものではない。「全部載せ」の状態で、いくらかお安くしたコンプリートモデルを出せばいいのに……と、担当記者は率直に思う。

 それくらい、すべてのパーツのデザインは鮮烈でクオリティが高い。もちろん純正アクセサリーだけあってマッチングも完璧だ。まずは、いち早く発表された数々のパーツをご覧いただきたい。

メーターバイザー(スモーク)/価格:1万5120円/先代カタナを彷彿とさせるシルエット。防風効果も高そうだ。ポリカーボネート製。
カラードシート/価格:3万780円/ブラックとレッドのコントラストが鮮やか。カタナのロゴがエンボス加工される。
グリップヒーター/価格:2万4624円/真冬のライディングに重宝。標準装備のグリップを外して装着する。
ブレンボキャリパー(レッド)/価格:3万7800円/標準装備のキャリパーを外して装着する。パッドは付属していない。
カーボンフロントフェンダー/価格:4万8600円/ドライカーボン製。
カーボンオルタネーターカバー/価格:1万7280円/ドライカーボン製。
カーボンクラッチカバー(写真左側の円形パーツ)/価格:2万1600円 カーボンスターターカバー(写真右側の円形パーツ)/価格:1万4040円/ともにドライカーボン製。
タンクパッド/価格:4320円/カタナのタンクは複雑な面で構成されているため、ぴったりとマッチするタンクパッドはほかになかなかないだろう。
サイドプロテクションステッカー/価格:5400円/カーボン調のデザインで、左右セットでの販売だ。
リムデカール“KATANA”/価格:8640円/1セットはホイール1本分となる。1台分(前後2本分)であれば2セット必要だ。

アラームセット/価格:1万2744円

バイクカバー(シルバー)/価格:1万0692円/ポリエステルオックス製

バイクカバー(シルバー/ブルー)/価格:1万2744円/ポリエステル高密度タフタ製

カタナと言えばシルバー。でも純正アクセサリーとのマッチングはブラックの方が上?

 実物を目の当たりにした担当記者の率直な感想は、「写真よりも実車のほうがクオリティの高さを感じる」ということ。これはカタナそのものにも言えることだが、先鋭的なデザインゆえ、ともすると写真ではアニメやCGのようなポップなイメージを抱いてしまうかも知れないが、実物は鈍い輝きを放っていて、なかなかの「イイモノ感」に溢れている。

 そしてまったくの私見だが、今回公開された純正パーツ類はレッドとブラックで見事にコーディネートされているため、イメージカラーのシルバーよりもブラックのボディカラーの方が、より街中で映えるような気がした。

 そうやって妄想に耽ってしまうのも、バイクの魅力のひとつではある。


【ズバリ140万円】遂に! 新型KATANA(カタナ)、価格とスペックが明らかに!/スズキ

ヨシムラの最新マフラーを装着した新型スズキ・カタナがかっこよすぎる

新型スズキ・カタナにも採用されているローRPMアシストって何?〈GSX-R1000Rにも、SV650にも〉

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る