MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > マツダ > MAZDA3セダン > 新型マツダ3(Mazda3)がEuro NCAPの衝突安全性試験で最高評価の5つ星を獲得!
  • 2019/06/04
  • MotorFan編集部

新型マツダ3(Mazda3)がEuro NCAPの衝突安全性試験で最高評価の5つ星を獲得!

このエントリーをはてなブックマークに追加
EuroNCAPはこのほど、5月24日に日本で発売を開始した新型マツダ3の衝突安全性試験を実施。見事、最高評価の5つ星を獲得したことを報じた。

4つの試験項目すべてで高い評価を獲得

 Euro NCAPの安全性試験で最高評価となる5つ星を獲得するには、「成人乗員保護性能」で80%以上、「子供乗員保護性能」で75%以上、「歩行者保護性能」で60%以上、「安全補助装置」で50%以上という4項目をすべてクリアしなければならない。

 新型マツダ3の試験車両は2.0Lガソリンエンジンを積むハッチバックボディのファストバックだったのだが、その結果は「成人乗員保護性能」で98%、「子供乗員保護性能」で87%、「歩行者保護性能」で81%、「安全補助装置」で73%という評価。すべての項目で基準を上回り、総合5つ星を獲得した。

 新型マツダ3には、危険な状態に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」の考え方に基づく運転環境作りがさらに推進。先進安全技術「i-アクティブセンス」で使用しているセンサーやレーダー、カメラからの情報を連携させることで、各技術間の制度や性能が向上している。

 さらに、運転席ニーエアバッグを含む計5つのSRSエアバッグのほか、サイドインパクトバーや衝撃吸収ソフトインテリア、衝撃吸収ステアリングといった先進安全技術を惜しみなく導入。多角的に安全性を高めている。洗練されたデザインや走りのパフォーマンスに目を奪われがちな新型マツダ3だが、今回獲得したEuroNCAPの最高評価5つ星によって、高水準の安全性もこのモデルの大きな武器と言えることが実証された。


自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る