MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. アウディ|AUDI
  4. Q2

レクサスUXをBMW X2、ボルボXC40、アウディQ2と徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉[1/4]

  • 2019/06/18
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

もはやSUVというだけでは通用しない。求められるのは、強烈な個性とアイデンティティ。各メーカーは今、こぞって新種のクロスオーバーSUVを投入している。Q2、XC40、X2、そしてUX。方向性は違っても、それぞれが今まで以上に強いオリジナリティを発揮している点で共通している。ここでは、インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックなどを写真と数字で横比較してみたい。

REPORT●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)(身長:173㎝)

レクサスUX200 “F SPORT”

四車の中で最も全長が長く、室内の前後長にもゆとりがある。その一方で全高は1540㎜に抑えられており、高さが上限1550㎜の機械式駐車場にも対応する。

全高:1540㎜
全長:4495㎜
ホイールベース:2640㎜
全幅:1840㎜
ミラーtoミラー:2070㎜
荷室開口高:810㎜

視線移動の少ない位置にモニターを設置し、手元で各種操作を完結できるインターフェースを実現。高級感の演出にも長け、ステアリングヒーターやシートベンチレーションなど便利なユーティリティも多数採用されている。

前席シート高:590~660㎜

撮影車はオプションの「F SPORT」専用本革シートを装備。「F SPORT」はシート形状もスポーティで、ホールド性に優れる。後席スペースは膝前が約150㎜、頭上が約60㎜と、見かけによらない広さを確保。

〈後席格納時〉奥行き:1720㎜ 奥行き:1610㎜ 最小幅:930㎜
〈通常時〉高さ:555㎜ 奥行き:790㎜

正直なところ荷室の天地高は他車と比べても狭く、多少の割り切りは必要。それでもフロアの幅と奥行きは十分で、便利な床下収納も装備。後席には6対4分割可倒機構も備わり、用途に応じて荷室容量を拡大できる。

2.0ℓ直噴エンジンと新開発CVTを組み合わせる「UX200」系。CVTには発進用ギヤが備わり、ワイドレンジ化とベルトの負荷低減も実現している。

おすすめのバックナンバー

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ