MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > レクサス > UX > レクサスUXの使い勝手を徹底レビュー!コンパクトSUVとしての評価は?
  • 2019/06/23
  • ニューモデル速報

レクサスUXの使い勝手を徹底レビュー!コンパクトSUVとしての評価は?

レクサスUX 和を意識した空間づくり 世界初の非接触給電式レジスターノブ

このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサス最新のクロスオーバーであるUXは、車体の小ささに加えて背が低いこともトピック。ミニバン非対応の機械式立体駐車場が利用できるし、着座位置が絶妙で乗り降りの姿勢も楽なのだ。スポーティな運転ポジションを持つ一方、荷室をある程度割り切ったパッケージングも特徴である。

REPORT●工藤貴宏(KUDO Takahiro)
ASSISTANT●竹田 愛(TAKEDA Ai)(身長165㎝)
PHOTO●中野幸次(NAKANO Koji)/宮門秀行(MIYAKADO Hideyuki)

〈取材車のプロフィール〉UX200 version L

ボディカラー:ソニックチタニウム
インテリアカラー:コバルト
メーカーオプション: ムーンルーフ/カラーヘッドアップディスプレイ/パノラミックビューモニター/“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム/おくだけ充電
※一部のカラーは別グレードの車両を撮影しています。

〈フローティングベントコントロールイルミネーション〉“version L”のエアコン吹き出し口には、世界初の機能を採用。非接触で電気を送るLEDが組み込まれ、暗くなるとぼんやりと光って魅せるのだ。
〈レクサス初搭載〉センターコンソールに設置したオーディオ専用コントローラーは、意外にもレクサスとして初めての採用。組み込んだボタンとダイヤルを動かし、手元を注視せずに直感的にオーディオを操作できるように考えられた形状が秀逸だ。

〈運転席まわり〉日本の建築様式から着想を得た運転に集中できるコクピット

走行機能系はステアリング周辺、空調関係はインパネ中央、ナビを含むエンターテイメント系の操作はセンターコンソールにとゾーン分けを明確にしたレイアウト。走行機能系はいわずもがなだが、インパネのセンター部分をドライバー側に傾け、すぐに手が届く近い位置&下に押すピアノタッチ式の空調スイッチの操作性の良さにも驚く。
TFT液晶によるデジタルながら、アナログ風のメーターが中央に鎮座するのが最新のレクサス流。その外周はガソリン車だとタコメーター、ハイブリッド車ではシステムの出力/回生を示すインジケーターとなる。右の水温計と燃料計はアナログで温故知新だ。

ウインカーレバー兼ライトスイッチの先端はロービーム/ハイビームを自動切り換えする機能の作動ボタン。機能ON時は部分のランプが点灯するのも親切だ。


手が届きやすく自然に視界に入る、メーターバイザー左右にあるダイヤル。右は雪道でのスタック時などに使うトラクションコントロールのオフスイッチで、左は走行モード切り替え。押すとまずノーマルとなり、再度押すと自分流の設定に。


右はクルーズコントロール、左はメーター内ディスプレイの切り替えがメイン。オーディオ系は左右に分けて下部に組み込んでいる。ひとつとして同じ形がないのは、もちろん操作性を高める工夫だ。

ストレートゲート式のシフトレバーは、ガソリン車もハイブリッドも共通。Dレンジから右に倒すとマニュアルモードとなり任意の疑似的な変速が行なえる。
レクサスでお約束の、センターコンソールに置いたナビ系操作用のパッド。指の動きに応じて画面上のカーソルが動き、2本指でスマホ感覚操作も可能だ。

夜でも昼でもクッキリ見えるアナログ時計。夜間は指針や目盛りが自発光式となっている。GPS信号で正確な時刻に自動補正されるのも便利だ。


ベースグレードを除いて運転席と助手席は8ウェイの電動調整式。運転席シート設定は3人分を保存でき、ドアに組み込まれたスイッチを押すだけで呼び出せる。

シフトレバー脇スイッチは後方がブレーキホールドで全車共通。前方はガソリン車がアイドリングストップオフでHVではEVモード。
車両周辺をナビ画面に映すカメラの視点切り替えやヘッドアップディスプレイのオン/オフスイッチをメーターパネル左下に設置。
駐車ブレーキは電動式。自動作動/解除機能が付いているので、ステアリングコラム付近にあるレバーに触れる必要は基本的にない。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る