MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/12
  • 大音安弘

これが最後のFRホットハッチ!? BMW M140iの魅力を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMWのエントリーモデル、1シリーズ最強モデルとなるM140i。撮影車は特別仕様の”Edition Shadow”だ。
ついにBMWのコンパクトハッチバックモデル「1シリーズ」の次期モデルがFF化されることが、正式に発表された。そこでBMWのこだわりが生んだこのFRハッチバックにフォーカス。そこで世界的にも最後の直6ホットハッチとなるであろうM140iに試乗し、その魅力に迫ってみた。

REPORT&PHOTO●大音安弘(OHTO Yasuhiro)

 BMWのFF化は、新規モデルである2シリーズのアクティブツアラー及びグランツアラーというMPVを皮切りに、SUVモデルへと波及。二代目へと進化したX1。そして、そのクーペモデルのX2が投入されている。BMWとしては外角から攻めてきたともいえるが、ついにBMWエントリーとして重要な役割を果たしてきた1シリーズまでFFへと生まれ変わることになった。

 第二世代となる現行型は、2011年デビュー。今年で8年目となるが、マイナーチェンジによるブラッシュアップに加え、他にライバルとなるFRハッチが存在しないこともあり、今なお古さは感じさせない。まさに唯一無二の存在となっている。

 試乗車は、9月5日に発表された特別仕様車”Edition Shadow”であり、最も熟成された1シリーズだ。売りやすいエントリーモデルだけでなく、最強グレードM140iにも最終特別仕様車が設定されたことは、BMWの粋な計らいともいえるだろう。

 BMWらしいフロントマスクとともに特徴的なのが、サイドビュー。ロングノーズとダッシュ・トゥ・アクスル(Aピラーからフロントホイールの距離)の長さは、まさにFRである証だ。それでいて前後のオーバーハングは、しっかりと切りつめられており、機敏な走りを予感させる。

 そのロングノーズの中に鎮座するのが、BMW謹製の3.0L直列6気筒ターボエンジンだ。最高出力340ps/5500rpm、最大トルク500Nm/1520~4500rpmを発揮する。エントリーモデルの「118i」には、1.5L直列3気筒ターボが搭載されるが、その性能差は、馬力で2.5倍。トルクでは約2.3倍にもなる。スペックだけ見ると、M140iは手強いホットハッチであることを予感させるが……。




 インテリアは、華やかな演出はなく、アダルトな仕立てとなる。 ”Edition Shadow”では、ブルーステッチ入りのダゴタレザーシートが奢られる。メーターはアナログの2眼式となり、今や貴重なサイドブレーキレバーも備わる。これらを古臭いと取る向きもあるだろうが、ドライバーズカーとしては、ベターなセレクトのではないだろうか。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る