MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > 三菱 > RVR > 三菱RVRもデリカD:5顔に! 欧州仕様のASXの2020年モデル
  • 2019/06/15
  • MotorFan編集部

三菱RVRもデリカD:5顔に! 欧州仕様のASXの2020年モデル

MITSUBISHI RVR/ASX

このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱ASX(RVRの欧州仕様)の2020年モデル
三菱のコンパクトSUV、ASX(RVR)の2020年モデルが発表になった。ASXは、RVRの欧州モデルである。ポイントは、2.0ℓ直4ガソリンエンジンの採用と、最新の三菱顔、つまりデリカD:5から始まった新しいフェイスデザインだ。
2020年モデル

 欧州仕様の三菱RVRのモデル名はASXである。現行のRVR(ASX)のデビューは2010年だから、すでにロングライフなモデルとなっている。
 日本仕様のRVRは、1.8ℓ直4SOHC MIVECエンジン+CVTだが、欧州仕様のASXはこれまで1.6ℓ直4ガソリン、1.6ℓ直4ディーゼル、2.2ℓ直4ディーゼルの3つのエンジンを設定していた。

こちらが2019年モデル

 発表された2020年モデルは、2.0ℓ4J11型直列4気筒SOHC MIVECエンジンのみ。FFとAWDを設定し、FFは5速MT、AWDはCVTと組み合わせる。

ASX Design(FF 5速MT)
ASX Dynamic(FF 5速MT)
ASX Dynamic AWD(CVT)

 もっとも変わったのは、そのフロントフェイス。デリカD:5、eKクロスですっかり定着した新しい三菱顔。ASXもそれを纏うことになった。

欧州仕様のASX
全長×全幅×全高:4365×1810×1640mm
ホイールベース:2670mm
エンジン
形式:2.0ℓ直4SOHC
型式:4J11
排気量:1998cc
ボア×ストローク:86.0×86.0mm
圧縮比:10.5
最高出力:195hp/6000rpm
最大トルク195Nm/4200rpm

 WLTC燃費の数値は、未発表だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る