MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

かつては250まで出揃ったが、じつは新型にも存在する!? 「新型カタナ3兄弟」を見て、乗って、比べてみた/ スズキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラノショー2017に出展され、話題となった「KATANA3.0」。イタリアのバイクメディアが企画した車両でしたが、スズキはこれに賛同し、市販バージョン開発へと至りました。ベースとなったのが「GSX-S1000」です。となれば、そのフルカウル版「GSX-S1000F」も含めて、“カタナ3兄弟”なのかもしれません。その3機種、気になって仕方がないので、それぞれを見て、乗って、じっくり比べてみることにします。

REPORT●青木タカオ(AOKI Takao) PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

かつては小刀(250)まで存在したカタナ兄弟!!

GSX250S KATANA(1991年)

 新型が登場し、話題となっているスズキ「カタナ」ですが、かつては兄弟モデルがありました。長兄である「GSX1100S」を筆頭に、1000、750、そして90年代以降には普通二輪免許(当時は中型限定)で乗れる400や250も登場しています。
 さらに外装はまったく違いますが、650、400、250、125にも車名に「カタナ」が付いたモデルが発売されました。今のところ新型は1000ccモデルだけですが、兄弟モデルが今後出てくる可能性も否めません。

GSX-S1000 ABS

 じつは新型「カタナ」とエンジンやフレームを共有する一卵性双生児と言えるモデルが、もうすでにあるのはご存知でしょうか。「GSX-S1000」そして、そのフルカウルバージョン「GSX-S1000F」です。もちろん心臓部やシャシーはそれぞれで最適化され、決して同じではないのですが、「カタナ」の開発段階でのベース車両となったのでした。

 そもそも新型「カタナ」は、2017年11月のミラノショーに出品されたイタリア誌のカスタムコンセプト「KATANA3.0」に端を発する市販バージョンでして、それは「GSX-S1000」をもとに製作されたのです。となると、この3機種は「カタナ3兄弟」と言えるのかもしれません。強引でしょうか。でも気になりますよね、それぞれのモデルがどう違うのか。

KATANA……1,512,000円

GSX-S1000 ABS……1,131,840円

GSX-S1000F ABS……1,185,840円

3台をじっくり見比べてみる!!

KATANA
GSX-S1000 ABS
GSX-S1000F ABS

 外観はそれぞれでまったく異なり、まさに三者三様です。刀を想起させるシャープで流れるようなラインの外装を身にまとった「カタナ」に対し、ストリートファイターの「GSX-S1000」は低く構える野獣を思い起こさせるスタイルです。フルカウル仕様の「GSX-S1000F」もスーパースポーツとは一線を画すアップライトなファットバーハンドルで、ワイルドなフォルムとしています。

KATANA
GSX-S1000 ABS
GSX-S1000F ABS

 ステアリングヘッドからスイングアームピボットまで一直線としたアルミ製ツインスパーフレームは、高い剛性と軽量化を両立。「カタナ」では、高剛性アルミ製スイングアームが灯火器類やナンバープレートを備えるリヤフェンダーを片持ち支持でマウントしています。

 車体寸法は以下の通り。
カタナ 全長2,130mm×全幅835mm×全高1,110mm
GSX-S1000 全長2,115mm×全幅795mm×全高1,080mm
GSX-S1000F 全長2,115mm×全幅795mm×全高1,180mm

装備重量は以下の通り。
カタナ:215kg
GSX-S1000:209kg
GSX-S1000F:214kg

おすすめのバックナンバー

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ