MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. アルテオン

Impression from Editor's room VW ARTEON TSI 4MOTION Elegance VWアルテオン 高性能で「ちょっとだけ妖しい」スタイル、しかもコストパフォーマンスが高い!

  • 2019/07/03
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクワーゲン・アルテオンTSI 4MOTION Elegance 車両価格◎599万円

VWのフラッグシップたる最上級のアルテオンのセールスが好調だ。2018年10月に登場した新グレード「Elegance」に試乗してみた。長距離試乗で、売れている理由を探る。

TEXT&PHOTO◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi)

 フラッグシップとは、いうまでもなく旗艦である。艦隊の司令官が座乗する艦ということだ。かつては戦闘能力に優れた戦艦がその任に当たっていたが、現在は戦闘能力より指揮・通信能力が重視されるらしく、すでに旗艦に求められる能力は後方の陸上にあるそうだ。

 なんて小噺は置いておいて、VWブランドの最上級モデルという意味でのフラッグシップは、かつてはパサートCC、そしてフォルクスワーゲンCC、そして現行のアルテオンとつながる。日本ではパサートCCもフォルクスワーゲンCCも販売的に成功を収めたとはいいにくい。しかし、最新モデルのアルテオンは、目標以上に「売れている」という。その理由を探るべく試乗した。

車両重量:1720kg 前軸軸重:990kg 後軸軸重:730kg
ミラーtoミラー:2092mm
全長×全幅×全高:4865×1875×1435mm ホイールベース:2835mm

 選んだグレードは2018年秋に追加された「Elegance」。
 当初はよりスポーティなRライン4モーションアドバンス(599万円)とベーシックなRライン4モーション(549万円)でスタートしたが、Rラインより落ち着いて上品なスタイル、そして内外装を選ぶことのできるEleganceが追加になったのだ。
 EleganceはRライン4モーションアドバンスと同じく599万円だ。アルテオンのセールスの特徴は、上級グレードの方が売れる、ということだそう。メーカー、インポーターにとってはうれしいモデルだろう。

 そのアルテオンだが、欧州ではガソリンエンジン(150ps)を積むFFモデルや2.0ℓディーゼルを搭載するモデルも設定があるが、国内に導入しているのは、ガソリンの最上級モデル(280psでAWD)だけだ。Eleganceの599万円は、実質日本で買えるVWのもっとも高価なクルマである。

 高価なだけでなく、もっとも大きなモデルでもある。
 パサート(全長4785mm)、シャラン(4855mm)よりも長い全長×全幅×全高:4865×1875×1435mmという堂々とした体躯である。

後席も広々。身長175cmのドライバーが運転席に乗って、同じ人が後席に座ると膝元には25cmものスペースがある。リヤドアガラスは、これが全開状態

 アルテオンの最初の試乗会での印象は、「フォルクワーゲンなのに(失礼!)スマートでかっこいいな。ちょっと妖しいし」というものだった。夕暮れ時に走り去るゴールドのボディカラーのアルテオンは大層素敵に見えた。乗り込んでみると、アンビエントライト(もちろんカラーはいろいろ変えられる)も妖しいムードを演出していて、好印象だった。

「怪しい」ではなく「妖しい」雰囲気を纏うフォルクワーゲンがどう受け入れらるかに注目していたのだが、予想どおり、一定以上の支持を受けたということだろう。

あまり関心がないかもしれませんが、これがエンジンカバー
裏側はこうなっています
形式:2.0ℓ直列4気筒DOHCターボ 型式:DJH 排気量:1984cc ボア×ストローク:82.5×92.8mm 圧縮比:9.6 最高出力:280ps(206kW)/5600-6500pm 最大トルク:350Nm/1700-5600rpm
MQBなので、エンジンは後方排気。バルクヘッド側にターボがついている。最新エンジンだから、GPF(ガソリンパーティキュレートフィルター)もつく
リヤハッチはこう開く

 これまで謹厳実直、質実剛健、合理的な思考と行動してきた人が、功成り名遂げて収入も増えたときに、急にアルファ ロメオだのジャガーだのを選ぶのは抵抗があるだろう。うまくやらないと、「なんだかちょっと怪しい」と思われてしまう。ところが、アルテオンなら「ちょっと妖しくて素敵」を演出できそうだ。強力な2.0ℓ直噴ターボエンジン、最新のハルデックスカップリングを使うAWDシステム、4ドアクーペみたいに見えるけれど使いやすく巨大なラゲッジスペース、スムーズさに定評のある7速湿式DCT……と、選ぶ理由には事欠かない。

 自信をもって「ちょっと妖しい」を選べるのだ。パサートCCやフォルクワーゲンCCでは、こうはいかなかった。(何度も「妖しい」と書いているけれど、これ、本当に褒め言葉です。なかなかその境地にいけませんから)
 しかも、価格もリーズナブル。VWではもっとも高いけれど、ライバルはもっとプライスタグが重いのだ。

 アウディA5スポーツバックはFFのエントリーモデルこそ546万円だが、AWDであるクワトロになると675万円。エンジンパワーも252psに過ぎない。
 BMW 420iグランクーペはFRで606万円。AWDなら636万円だ。しかもエンジンはアルテオンほど強力ではない。

おすすめのバックナンバー

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ