MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

欧州で売れているクロスオーバーは? 日産ジューク/2008/キャプチャー/C-HR/Q2 9月3日に新型発表の日産ジュークが切り拓いたコンパクトクロスオーバー 欧州で売れているのは何?

  • 2019/08/19
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
コンパクトクロスオーバーという新しいジャンルを作り出した日産ジューク

コンパクト・クロスーバーともコンパクトSUVとも称される「カッコよくて都会的でコンパクトなクルマ」の人気が年々高まっている。このカテゴリーを創出したのは、日産ジュークだ。9月3日に次期モデル発表が予告されているジューク。新型ジュークはこのカテゴリーで再びリーダーになれるか。販売データから読み解いてみよう。

 自動車産業とは、本当に生き馬の目を抜く世界だ。莫大な投資を必要とする新車開発は、ある意味博打的要素もある。ひとたび、誰かがヒットを飛ばせば、そこにフォロワーが生まれる。カテゴリーのパイオニアは当然、先駆者利益を手にすることができる。

 2010年発売の日産ジュークは、コンパクト・クロスーバーという新しいジャンルを築いたパイオニアだ。個性的で何者にも似ていないスタイル、ほどよいサイズ感、都会的なイメージ……成功の理由をあとから考察するのは簡単だ。

 このカテゴリー、世界的に人気か、といえば、じつはそうでもない。最大マーケットの北米・中国ではもう1サイズ上のクラスの方が人気だ。コンパクト・クロスオーバーの人気がもっとも高いのはヨーロッパだ。今回は、販売台数のデータから、マーケットを読み解いていこう。

日産ジュークの欧州での販売台数の推移

日産ジュークの欧州における販売台数の推移

2010年に販売が始まった日産ジューク
 2010年後半の発売からすぐに人気モデルになったのがわかる。2011-2017年の7年間にわたって年間販売台数10万台前後をキープしてきた。欧州市場に特別強いとは言えない日産だから、この数字は大きい。じつはジュークの発売に先立つこと4年の2006年にSUVのキャシュカイがデビュー。2010年には欧州で年間20台超の大ヒットとなっていた。

 ともあれ、ジュークは想定外とも言っていい大ヒットとなった。

最初に現れたフォロワーは、キャプチャーと2008

ルノー・キャプチャー
プジョー208

 他メーカーがジュークの快進撃を指をくわえて見ているだけ、ということもちろんない。最初にジュークの後を追ったのは、日産とアライアンスを組むルノーのキャプチャー、そして同じくフランスのプジョー2008だった。

ヨーロッパにおけるコンパクトクロスオーバーの販売台数推移

 両モデルも大ヒットを記録。2014年にはシトロエンC4カクタス、フォード・エコスポーツ、ジープ・レネゲードが登場。2015年にマツダCX-3、フィアット500X、2016年にアウディQ2が続いた。

 しかし、年間10万台以上のヒットとなったのは、ジューク、キャプチャー、2008の3モデルのみ。先行した3モデルがマーケットをリードすることになった。

シトロエンC4カクタス
フォード・エコスポーツ
マツダCX-3
ジープ・レネゲード
フィアット500X
アウディQ2

そこへ巨人、トヨタとVWが参入

トヨタC-HR
VW T-ROC

 そこにもっとも遅れて参入したのがトヨタ、そしてフォルクワーゲンだ。トヨタはご存知C-HRを欧州に投入。2017年には年間13万台のヒットとなった。ボルボも2017年にXC40を投入、2018年には4.7万台を販売している。現在のところ最後のフォロワーとなったのが、VWのT-ROCだ。こちらも発売すると2018年に14万台を売るヒットとなった。

 ジュークが切り拓いたカテゴリーは、グラフに載せたモデルだけでも合計100万台を超えるマーケットを形成。各メーカーが鎬を削る分野となった。ここで勝ち抜くのにもっとも必要な要素は、「個性的でスタイリッシュなデザイン」だ。その意味でも、モデルライフは長くないはず。ジュークが2010年以来一度もフルモデルチェンジを受けていないのは、ある意味驚きなのだ。

2019年にフルモデルチェンジした新型プジョー2008。デザインもプラットフォームも新しい。
2019年にフルモデルチェンジを敢行して2代目になったルノー・キャプチャー

 マーケットをリードするジューク、キャプチャー、2008がC-HR、T-ROCの参入を受けてフルモデルチェンジをするのが2019年とほぼ同じ時期になるのもなかなか興味深い。

 さて、9月3日に新型ジュークがどんなデザインで登場するか、楽しみに待とう。そのジュークが欧州以外の市場(日本や北米)に投入されるのか、それも見守りたい。

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ