MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. 3シリーズ

3シリーズ、Cクラス、A4の欧州・北米・中国での販売状況を分析する。勝者はどれだ? BMW3シリーズ、メルセデス・ベンツCクラス、アウディA4。三つ巴のライバルは、結局どれが売れているのか?

  • 2019/09/06
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
最も長い歴史を誇るのはBMW 3シリーズ

クルマの王道といえば、いまやSUVにとって代わられた感もあるが、やはりセダン。それもいわゆるDセグメント・セダンである。そこで主役を張りつづけているのは、BMW3シリーズ、アウディA4、メルセデス・ベンツCクラスという、いわゆるジャーマン・プレミアム3の主力モデルである。

目次開く

いつも、この3モデルが軸になってきた

このクラス、主戦場はヨーロッパ

この3モデルに挑むのは?

新興の中国市場を制するのは?

いつも、この3モデルが軸になってきた

 名車02シリーズを源流に持つ3シリーズは1975年にデビュー。以来、代を重ねて現在は7代目のG20型になっている。
 これまた名車W201型190Eをオリジンにもつメルセデス・ベンツCクラスは1993年に登場している。
 アウディA4は、アウディ80の後継として1994年にデビュー。現在のA4は5代目である。

 3モデルが揃ったのは、1990年代中盤ということになる。以来、セールスでも技術でもデザインでも、この3モデルがトレンドを作ってきたと言っていい。今回は、この3モデルの「三つ巴」の戦いを、時間軸、地域軸で分析してみよう。

現行BMW 3シリーズ(G20型)
現行アウディA4 B8型
現行メルセデス・ベンツCクラス(W205系)

このクラス、主戦場はヨーロッパ

ヨーロッパにおける3モデルの販売台数の推移

 このDセグ・プレミアムセダンの主戦場は、ヨーロッパだ。21世紀初頭は、この3モデルの欧州販売の合計は80万台を超えていた。リーマン・ショック以降に販売台数が落ち込んだ後は、SUV人気に押されて往時の半分になってしまったが、それでも年間40万台(2018年は37万台)という大きなマーケットであり続けている。

 欧州でのこの3モデルの戦いで、イニシアチブをとっているのは、BMW3シリーズだ。一貫して販売台数でトップを保ってきた。これにアウディA4とメルセデス・ベンツCクラスが挑むという構図だったのだ。この構図に変化が現れてきたのは2010年代に入ってから。SUV人気の高まりと、このジャーマン・プレミアム3のモデルラインアップの拡充もあって、かつてほどの販売台数は稼ぐことができなくなっている。

 2018年は
Cクラス:約15万台 A4:約11.2万台 3シリーズ:約10.7万台
でCクラスがリードしている。

この3モデルに挑むのは?

欧州市場における3モデル+挑戦者の販売台数の推移

 次のグラフを見てほしい。3シリーズ、Cクラス、A4の牙城への挑戦者は、
ジャガーXE/アルファロメオ・ジュリア/ボルボS60・V60/レクサスISなどが挙げられるが、その販売台数を載せてみた
 ご覧になってすぐにわかるように、まったく歯が立っていない状態だ。強いていえば、SPAプラットフォームを使った新生ボルボのS60/V60の販売が好調だということか。60シリーズは、日本と同様に欧州でもセダンよりワゴンが売れている。

ボルボS60。ワゴン版のV60の方がセダンのS60より売れている。
BMW 3シリーズイーターを期待されたジャガーXEだが、今のところライバルにはなっていない

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ