MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. スカイライン

新世代への嚆矢となる新技術 日産スカイラインのメカニズムを徹底解説!|セダンレビュー[1/4]

  • 2019/10/08
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

NISSAN INTELLIGENT MOBILITYを具現化する先端機能であるプロパイロット2.0や、コネクティッドサービスの搭載が注目される新型スカイライン。
先進装備だけでなく新型V6エンジンや電子制御サスを搭載するほか、ステアバイワイヤシステムのブラッシュアップなど、スポーツセダンとしての走りの質を高めるための最新技術も数多く投入されている。

REPORT●安藤 眞(AMDO Makoto)
図版解説●安藤 眞/編集部

目次開く

キャラクターを反映するディメンション

運転のしやすさを高める良好な視界

大柄な乗員でも余裕を感じる後席

ハイブリッド車を含め十分な広さを確保

ホットスタンプ材のほか1.2GPa級をはじめとした高張力鋼板を適所に配置

ボディ後部の剛性アップ

フロントまわりを効率的に強化

ふたつの仕様を持つV6ツインターボエンジン

高性能を実現するキーテクノロジーの数々

フリクション低減で燃費性能をアップ

電動VTCを採用

シャープなスロットルレスポンスと卓越した加速性能

400Rのターボチューニング

ターボラグの抑制と安定した冷却性

ハイブリッドはVQ35をキャリーオーバー

低排ガス性能と軽量、静粛性の向上

耐ノック性とフリクション化。軽量化に貢献

インテリジェント高速道路ルート走行を実現したProPILOT2.0

いざという時に支援を行なう緊急停止SOSコール

各種のカメラとセンサーで360度センシング

3D高精度地図データ

デザインの魅力と視認性を両立

自由曲面ミラーで省スペース化

日産国内初の7インチディスプレイ

薄型映写部の採用で搭載性を向上

直接視界と表示の一致

表示色の変更でハンズオフの可否を伝える

ダイレクトアダプティブステアリング

状況に応じて減衰力を連続的に可変

操舵角とタイヤ角を独立制御

DAとIDSを連動

DASの意のままハンドリング

減衰力を緻密に制御し車体の挙動を安定

車輪速センサーをストロークセンサーとして利用

多目的にクルマとつながる「Nissan Connectサービス」

自室〜目的地をシームレス案内

docomo in Car Connect

OTA自動地図更新

どんな場面でも見やすい高画質・高精度ディスプレイ

ドライブ制限アラート機能

キャラクターを反映するディメンション

全長:4810㎜ ホイールベース:2850㎜
全幅:1820㎜ フロントトレッド:1530〜1540㎜
全高:1440㎜ リヤトレッド:1570㎜

ボディ骨格には変更がないが、デザイン変更の影響で全長が20㎜延長されている。国産ライバルのクラウンとの比較ではホイールベースが70㎜短く、輸入車ライバルのBMW3シリーズと同寸というところからもキャラクターが推察できる。

運転のしやすさを高める良好な視界

FR車らしくAピラーが後方に引いてあるため、フロントガラスからの見開き角が広く、視界は良い。ある程度の身長があれば、運転姿勢のままボンネットが3分の2程度まで見渡せるので、車両感覚の把握は容易だ。

大柄な乗員でも余裕を感じる後席

後席の膝元空間は、トヨタ・クラウンと比べるとほぼホイールベースの差分だけ狭いが、180㎝級が前後に快適に座れるだけの空間はある。シートバックも十分な高さがあり、大柄な筆者でも快適だ。

ハイブリッド車を含め十分な広さを確保

トランクリッドのヒンジはパンタグラフ方式。内側に張り出さない一方、開口幅が制約されるという得失がある。写真はハイブリッド車なので、トランクスルーはできない。車格を考えると、イージークローザーは欲しかった。

ホットスタンプ材のほか1.2GPa級をはじめとした高張力鋼板を適所に配置

V37型がデビューした際に話題となったのが、世界で初めてボディ骨格に採用された冷間成形1.2GPa級超高張力鋼板。深い絞り形状にも割れずに対応できるよう、熱処理の工夫で素材の延性を向上させた。

ボディ後部の剛性アップ

キャビンとトランクルームの間に隔壁はなく、トランクスルーのための空間を確保。リヤサスまわりの剛性を向上させるため、外周部の骨格には閉断面がぐるりと回されている。

フロントまわりを効率的に強化

ラジエターコアサポートまわりが強化されているのが特徴的。ボディ剛性には寄与しそうもない部分に見えるが、前後端部は変位量が大きいため、この部分を強化する効果は大きい。

おすすめのバックナンバー

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ