MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

フォルクスワーゲンの小型EV「ID.3(アイディ.3)」デビュー! 3万ユーロ(355万円)を切る価格からスタート【フランクフルト・モーターショー2019】

  • 2019/09/10
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンの小型EV「ID.3」がフランクフルト・モーターショーで正式発表された。新開発されたMEBプラットフォームを採用する初めての市販車で、今後登場する「ID.」ファミリーの最初のモデルでもある。

ID.3のアンヴェールの瞬間

これから始まる「ID.」ファミリーのトップバッター

 フォルクスワーゲンの1005ピュア電気自動車「ID.3」がフランクフルトに姿を現した。まったく新しいプラットフォーム「MEB」を採用し、フォルクスワーゲンの次世代モデルの旗手として位置づけられている。
 
 リヤアクスルに組み合わせたモーターは最高出力150kW(201ps)と最大トルク310Nmを発生する。最高速度は160km/hに達する。

 バッテリーは3つのスペックが用意され、ひとまずID.3 1st(ファーストエディション/限定モデル)には58kWhのバッテリーが搭載される。そして後にセールスが開始されるカタログモデルには、45kWhと77kWhもラインナップされる予定だ。

 最大航続距離は、45kWhが330km、58kWhが420km、77kWhが550km(いずれもWLTPモード)とアナウンスされている。

 ちなみに100kWの急速充電器を使用した場合、58kWhのバッテリーを搭載するID.3 1stは30分間で約290kmが走行可能となるだけのエネルギーを充電できることになる。

 これらのバッテリーには、8年間または16万kmの保証が付与される。

 ボディサイズは全長が4261mm、全幅が1809mm、全高が1552mm、ホイールベースが2765mmで、車両重量はベースモデルで1719kgとなっている。クラスとしてはBセグメントとCセグメントの中間といったところか。

 ホイールベースが意外と長いが、最小回転半径は5.1mと、なかなかの小回り性能を持っている。リヤアクスル付近にモーターを搭載していながらラゲッジスペースは385Lを確保しているのは、ロングホイールベースが寄与しているのかもしれない。

 このID.3は2020年なかばからドイツで販売が開始され、3万ユーロ(約355万円)を切る価格からスタートするという。

 このID.3に続き、今後フォルクスワーゲンは「ID.」ファミリーを続けてリリースすることになる。「ID.」はなにか特定の言葉の略ではなく、インテリジェントなデザイン、アイデンティティなどを意味しているそうだ。

ID.3の運転席に乗り込んだフォルクスワーゲン社長、ヘルベルト・ディース氏。

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ