MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

3分でわかる! ジムニーやランドクルーザーの「ラダーフレーム」の意味〈 Gクラスにもジープ・ラングラーにも使われている、本格オフローダーの証〉

  • 2019/09/24
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ・ランドクルーザーのラダーフレーム。

トヨタ・ランドクルーザーやスズキ・ジムニーなど、本格オフロード四駆の話になると必ず出てくるのが「伝統のラダーフレームを守って云々……」というフレーズ。毎度のように出てくるので、もはや読み流してしまっている人も少なくないだろう。そんなこのラダーフレームってやつ、知っている人は知っているけれど、知らない人にとっては「なんのことやら」なはず。ラダーフレームだと何がいいのか? ラダーフレームでないクルマは、いったいどんなボディ構造だというのか? ものすごーく簡単に説明いたします。

タフなオフローダーの代名詞、ランクルことランドクルーザー。中東の砂漠のような極限の状況下では、もはやランクル以外のクルマなど役に立たない、などと言われるほど厚い信頼を得ている。

SUVとは一線を画す本格オフローダーの矜持

 SUVと本格オフロード4WDを見分ける大きなポイントのひとつが、フレーム構造かモノコック構造か、にあることに間違いはないだろう。

 市井のSUVのほとんどがモノコック構造を採用する中、トヨタ・ランドクルーザー、スズキ・ジムニー、メルセデス・ベンツGクラス、ジープ・ラングラーといった世界の名だたる本格オフローダーたちはフレーム構造を採用している。この顔ぶれを見るだけでも、ラダーフレームって頑丈なんだろうなぁ、という想像はつく。

 フレーム構造とは自動車の黎明期からある古い形式で、「はしご状の鉄の車台(ラダーフレーム)」にエンジンを載せ、サスペンションを取り付け、上からボディをかぶせる。つまりボディとシャシーは別構造だ。

 一方、現在の主流であるモノコックとは、ボディ全体でひとつの構造体となっており、軽量で高剛性、そして生産効率にも優れているのが長所だ。

 ちょっと待て。高剛性? ラダーフレームの方が頑丈なんじゃなかったの?

 そう、ラダーフレームの美点は、悪路をものともしない堅牢さにある。

 実は「強度」と「剛性」は意味が異なるのだが、話がややこしくなるのでmotor-fan.jp/techに任せておくとして、ふたつをまとめて「頑丈さ」とすると(本当はまとめちゃいけないんですけれど)、フレーム構造とモノコック構造は、その頑丈さの確保のしかたに違いがあるのだ。

一枚の状態では、ペナペナに柔らかいボール紙だが……。
このように箱状に組み立てると、ひねっても捩れない。

 上の2枚の写真は、ぶ厚いボール紙(薄い段ボール?)を撮影したものだ。一枚のシートの状態ではペナペナで容易に折り曲げられる柔らかさだが、右の写真のように箱状に組み立てれば、がっちり堅牢になるのがわかるだろう。

 つまり、この箱状のものがモノコック構造で、軽くても頑丈さを確保できるというわけだ。

 一方のフレーム構造は、一枚のシートの状態で頑丈さを確保しようとするもの。だから当然重くなる。ボール紙で作った箱と同じくらいの強さにするには、けっこうな厚さのベニヤ板くらいは必要になるだろう。

 それをクルマでやろうとすると……つまりアルミや鉄といった金属に置き換えれば、当然ながらコストも掛かるし、生産工程も増える。

世界屈指のオフローダーとして名を馳せるスズキ・ジムニーおよびジムニーシエラもラダーフレームを採用している。

 だが、フレームだけで頑丈さを確保できているので、ボディにダメージがあったところで影響がない。モノコック構造だと、ボディ全体で強度や剛性を確保しているので、どこかにダメージがあると全体に影響を及ぼしてしまう可能性が大きいのだ。

 逆にフレーム構造は、フレームさえ無事であればとりあえず走り続けられる。戦場や紛争地帯でランドクルーザーが重用されているのもうなずける。

 そんなわけで、スズキ・ジムニー、メルセデス・ベンツGクラス、ジープ・ラングラーも、この伝統のフレーム構造を守り続けている。確かにモノコック構造のほうが生産効率は上がるが、巷にこれだけSUVが溢れるなか、むしろフレーム構造を維持した方が商品としてのアイデンティティにもなる。そういう意味では、ラダーフレームを捨てモノコックに転身した新型ランドローバー・ディフェンダーに対し、マーケットがどんな反応を示すかも興味深いところだ。

現行ジムニーのラダーフレーム。伝統の形式だが、先代と比べても2本のクロスメンバーと、中央の大きなX型メンバーが追加されている。ラダーフレームも、まだまだ進化し続けているのだ。

結局、スズキ・ジムニーのリジッドアクスルは何がスゴイのか?

伝統のラダーフレームとリジッドアクスルを踏襲し……とは何度も耳にしてきたフレーズだが、ではいったい、それだと何がいいの...

あわせて読みたい

関東屈指のロングダートを制覇せよ! 秋鹿大影林道&万沢林道(酷道 険道 未舗装路:群馬県)スズキ・ジムニー&ジムニーシエラ

「酷道」や「険道」に溢れる我が国でも、やはり究極を求めていけば「未舗装林道」に辿り着く。とはいえ舗装化が進み、とりわ...

あわせて読みたい

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ