MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. レヴォーグ

新型レヴォーグから予想するスバルの近未来技術戦略。ボクサーエンジンはどうなる? スバルの次期レヴォーグを予想する エンジンは新開発1.8ℓ直噴ターボか?

  • 2019/09/25
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
目次開く

19年プロト発表 20年ジュネーブで生産型発表

パワートレーン予想 新開発1.8ℓダウンサイジングターボ搭載

次期レヴォーグのAWDシステムはどうなるか?

生産終了となるエンジンの「次は?」

次期レヴォーグのAWDシステムはどうなるか?

現在の中期経営ビジョン「STEP」では2020年登場モデルには「高速道路でのレベル2」を実現すると書いてある

 現行レヴォーグのAWDシステムは、1.6ℓターボと2.0ℓターボでは方式が違う。
1.6ℓは、「アクティブトルクスプリットAWD」2.0ℓは「VTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD」を採用する。新型レヴォーグがどんなAWDシステムを使うかにも注目だ。現在のトレンドは、カップリングを使ったシンプルなオンデマンド型が主流だ。アウディもA4までカップリング式AWD(センターデフを使わない)になった。スバルがどうするか。これも楽しみなところだ。

生産終了となるエンジンの「次は?」

2.4ℓ水平対向4気筒直噴ターボ。次期WRXに載るのは、これか?

 当サイトで予想する生産終了エンジンについても少し説明をしておこう。
EJ20については説明はいらないだろう。
 FA20型自然吸気BOXERエンジンは、現在トヨタ86/スバルBRZが搭載しているのみ。これは次期型でFA24ターボへ切り替わる。
 FA20型直噴ターボは、現行レヴォーグとWRX S4が搭載しているが、レヴォーグは前記のとおり、新開発1.8ℓBOXER直噴ターボと1.5ℓBOXER直噴ターボへ切り替わる。残るはWRX S4だが、WRX S4は、次期型でFA24型2.4ℓ直噴ターボの高出力版へ切り替わると予想する。FA24エンジンは、スバル技報2018(No.45)にあるように、さまざまなモデルに載せられるように既存エンジンと体格を同じにしてある。FA20ターボからFA24ターボへの移行は比較的スムーズにできるのではないだろうか。

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ