MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. スカイライン

初代フェアレディやプリンス・スカイラインも! 日産のヒストリックカーをイッキ見せ! 日産本社ギャラリーに「ヘリテージゾーン」がオープン

  • 2019/09/27
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県横浜市にある日産グローバル本社ギャラリーのオープン10周年を記念して、ギャラリーの一角に「ヘリテージゾーン」がオープンした。日産のヒストリックコレクションが展示されるほか、220インチの大型スクリーンでの歴史的動画コンテンツの放映、ビンテージグッズのディスプレイなどが行われる。また、このヘリテージゾーンの開設に合わせ、9月27日(金)から30日(月)までの期間限定で「NISSAN HERITAGE WEEKEND MUSEUM」が開催される。過去最大規模となる19台のヘリテージモデルがギャラリーを埋め尽くすのだ。

「ヘリテージゾーン」のオープン記念イベントで挨拶する日産自動車の星野朝子副社長。

クルマ好きなら必見! 一度は訪れてみるべし

 近年、多くの自動車メーカーがヘリテージの重要性に気づき始めている。絶版モデルの純正パーツの供給や、メーカー自らリフレッシュ作業やメンテナンスを請け負うといった動きも活発化している。

 日産もそんなメーカーのひとつだが、このほど神奈川県の横浜駅からほど近い日産グローバル本社に併設されているギャラリーに、「ヘリテージゾーン」というヒストリックカー専用のスペースを設けることになった。

 往年の名車を筆頭に、大型スクリーンでの歴史的動画の放映、ビンテージグッズのディスプレイ、自動車関連の書籍や雑誌の閲覧コーナーなど内容は盛りだくさんで、クルマ好きなら必見のコンテンツに溢れている。

 このヘリテージゾーンはクルマ3〜4台分のスペースだが、9月27日(金)から30日(月)までの期間限定で「NISSAN HERITAGE WEEKEND MUSEUM」が開催され、ギャラリー全体に過去最大規模となる19台のヘリテージモデルが展示される。

 以下、そこに展示される予定の19台のうちの16台を紹介しよう。

ダットサン14型ロードスター(1935年)

プリンス・スカイライン スポーツクーペ(1960年)

初代シルビア(1966年)

ダットサン・フェアレディSPL213(1961年)

ダットサン・フェアレディ1500(1965年)

S30型フェアレディZ(1970年)

ダットサン・セダン 富士号(1958年)

プリンスR380(1966年)

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ