MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

またもやカッコイイ! スズキのインド専用車「S-PRESSO(エスプレッソ)」発売|コンパクトSUV新着ニュース

  • 2019/09/30
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月30日、スズキのインド子会社である「マルチ・スズキ・インディア(マルチ・スズキ)」が、小型SUVのブランニューモデル「S-PRESSO」を発売した。エスクードやイグニスに通じる最近のスズキの流れを汲むデザインは、文句ナシにスタイリッシュ! 日本にも上陸を熱望したい一台だ。

カッコよすぎるので日本でも売ってください

 インドで圧倒的なシェアを誇るマルチ・スズキから、またしてもスタイリッシュで魅力に溢れる新型モデルが放たれた。

 このS-PRESSOは、エスクードなどに代表されるスズキのSUVの流れを汲んだデザインを採用。エクステリアは存在感のあるフロントバンパーに、台形をモチーフとしたフロントグリルや、ウィンカーを掴むように配置したヘッドランプを組み合わせることで力強くタフな印象としている。フロントからリヤにかけてデザインイメージを統一することで、どの角度からでも一目で「S-PRESSO」と認識できるようにしたという。

 インテリアには丸型のセンターコンソールを採用し、先進性を印象づけるデジタル表示のセンターメーターを配置した。室内空間を最大限に確保しながら、大型スーツケースも収納できる荷室スペースを設けることで、快適性と利便性を両立している。

 エンジンは1.0Lガソリンエンジンで、新開発の「HEARTECT(ハーテクト)」のKプラットフォームに搭載する。軽量・高剛性の車体との組み合わせにより、優れた低燃費と高い走行性能を実現し、インドで2020年4月に導入される新しい排ガス規制(BS6)に対応した。

 2018年度のインド乗用車市場は約337万台で、そのうちの約6割を全長4m未満のコンパクトカーが占めている。スズキによれば、新型S-PRESSOの主なターゲットである若年層は、両購入に際しデザインを重視する傾向があり、デザイン性の高いモデルを投入することで、新規需要の獲得を狙うという。生産はマルチ・スズキ社のマネサール工場で行われ、同社のアリーナ店を通じて販売する。

 このサイズとデザインは、日本でもウケる可能性大! バレーノという例もあるし、マルチ・スズキ製モデルの日本導入に今後も期待したい。

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ