MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. 3シリーズ

BMW 320d xDrive M Sport試乗記 燃費と動力性能と快適性は? こいつは買いだ! AWD+ディーゼルの3シリーズを買う理由

  • 2019/10/17
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツサルーンの基準ともいえるBMW3シリーズに待望のクリーンディーゼルモデルが登場した。スポーツとディーゼルの融合はどのような世界を提供するのか?

REPORT●吉岡卓朗(YOSHIOKA Takuro) 
PHOTO●山本佳吾(YAMAMOTO Keigo)

※本記事は『GENROQ』2019年10月号の記事を再編集・再構成したものです。

 今年日本に上陸した新型BMW3シリーズ、G20型のラインナップに、最も売れ筋となるだろうディーゼルグレードが導入された。実際の販売比率はもちろん異なるが、筆者周辺の自動車メディア関係者が購入した先代3シリーズは8割がディーゼルエンジンモデルだった。しかも新型320dはxドライブ、つまりAWDである。個人的には大トルクのディーゼルとAWDという組み合わせは大好物で、許されるならどこまでも走って行きたい衝動にかられたが、ぐっとこらえて試乗に繰り出した。

 320d xドライブにはスタンダードとMスポーツがあるが、今回試乗したのは後者だ。スポーツシートや18インチホイール(スタンダードは16インチ)が備わり、LEDフォグランプが内蔵されるスポーティなエアロバンパーが装備される。Mの香りを味わおうとワインディングも高速道路も手加減なく飛ばしたが、やはり1750rpmから400Nmという大トルクを発生する2ℓ直4ディーゼルターボは気持ちいい。しかもAWDだ。今回は雨や滑りやすい路面に遭遇しなかったが、ワインディングのタイトコーナーで鋭く加速しても、4輪がバランス良く蹴り出すばかりで、ほどよいトルクとたしかなトラクションを感じた。ただし高速道路を巡航中に前走車をさっと追い越そうとする場面で、やや加速の頭打ちが感じられたのは、やはりディーゼルであった。

 だが、いったん車速が乗ればコーナリングは軽快そのもの。Mスポーツに装備されるバリアブル・スポーツ・ステアリングによって、ロック・トゥ・ロックは2.25回転とクイックだ。これはワインディングはもちろん、市街地でも取り回しが楽だったことを付け加えておこう。

 混雑した高速道路で有用なACCは、他社に先駆け、この夏からハンズオフ機能の実装を発表しており、自動運転の覇権争いで一歩抜きん出たように見える。試乗車はまだステアリングから手を離すと10秒ほどで警告が表示されたが、早くハンズオフ機能の実力を試してみたい。

 そんなこんなを楽しみつつ、ついつい800㎞あまりを走ってしまった。総合燃費は16㎞/ℓだったが、100㎞/h時の燃費は20㎞/ℓで1タンク(59ℓ)1000㎞は余裕でこなせる実力を持っている。ちなみにギヤ比の関係で100㎞/h時の回転数は1800rpmと、先代と較べて400rpmほど高かった。

 価格は320d xドライブMスポーツが629万円。スタンダードの320d xドライブ(578万円)に対して約50万円高となる。ガソリンエンジンの320iと比較しても50万円高いがディーゼルでAWDと考えれば、今回もやはり玄人筋に受けるのは自明である。

試乗車にはレーザー・ライト、ヘッドアップティスプレイ、ジェスチャーコントロールがセットのイノベーションパッケージ(22万3000円)が装備されていた。
リヤに輝くxドライブのエンブレム。AWDと大トルクを発生するディーゼルの組み合わせはまさに黄金律のようだ。
2000barで噴射する2ℓ直4ディーゼルターボは最高出力190㎰、400Nmを発揮。欧州仕様の資料によると0→100㎞/h加速6.9秒、最高速233㎞/hを誇る。

【SPECIFICATIONS】BMW 320d xDrive M Sport
■ボディサイズ:全長4715×全幅1825×全高1450㎜ 
ホイールベース:2850㎜ 
■車両重量:1680㎏ 
■エンジン:直列4気筒DOHCディーゼルツインターボ 
総排気量:1995㏄ 
最高出力:140kW(190㎰)/4000rpm 
最大トルク:400Nm(40.8㎏m)/1750~2500rpm 
■トランスミッション:8速AT 
■駆動方式:AWD 
■サスペンション形式:Ⓕダブルウイッシュボーン Ⓡマルチリンク 
■ブレーキ:Ⓕ&Ⓡベンチレーテッドディスク 
■タイヤサイズ(リム幅):Ⓕ225/45R18(7.5J) Ⓡ255/40R18(8.5J) 
■車両本体価格:629万円

ゲンロク 2019年10月号

【Porsche is it!】
タイプ992 国内インプレッション
メカニズム詳報
新旧対決 タイプ992 vs タイプ991
インタビュー 911の方向性
歴代911の比較インプレッション
新型マカン&マカンSの実力

【DEBUT】
アストンマーティン・ヴァルハラ

【THE BATTLE】
メルセデス・ベンツGLE450 4マティック・スポーツ×BMW X5 xドライブ35d Mスポーツ
ベントレー・コンチネンタルGT×コンチネンタルGTコンバーチブル

【SUPER TEST】
BMW M5コンペティション

【CRITICAL JUDGEMENT】
田中哲也×荒 聖治の辛口インプレッション
シボレー・コルベット・グランスポーツ

【サーキットのススメ番外編】
大人のドリフト講座 前編

【JUST ARRIVED】
メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+
ジャガーFペイスSVR
BMW320d xドライブMスポーツ

【COMING SOON】
日産GT-R NISMO
MINI JCWクラブマンALL4
メルセデスAMG A45 S 4マティック&CLA 45 S 4マティック
レンジローバー・イヴォーク

【CLOSE-UP】
アルファロメオ・ステルヴィオ inステルヴィオ峠

【KAZ BAR】
自動車不況の裏側
清水和夫×渡辺敏史

【LONG TERM REPORT】
ホンダNSX
ポルシェ911S 2.4
ポルシェ911【993】

福野礼一郎のスーパーカー自動車ロン
オイルの秘密
昭和元禄ユニヴァース

【SPECIAL SHOP】
ポルシェ編

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ