MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. アウディ|AUDI
  4. A8ハイブリッド

アウディA8に3.0Lプラグインハイブリッドを搭載した「60 TFSI eクワトロ」が追加! システム出力は449ps/700Nmを発揮|最新PHEV速報

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月16日、アウディはフラッグシップサルーンの「A8」に新しいプラグインハイブリッドパワートレインを搭載した「A8 L 60 TFSI e クワトロ」を設定したことを発表。市場への導入は2019年第4四半期にはじまり、ドイツ市場での価格は10万9000ユーロ(1310万円)だ。

EV走行距離は最大46kmをマーク

 グレード名からも察しのつくように、この新しいハイブリッドパワートレインは、ロングホイールベース仕様に搭載される。パワーユニットは340psと500Nmを発する3.0LV型6気筒ターボエンジンと、100kW(約134ps)と350Nmを発揮するモーターの組み合わせ。システム総合では449psと700Nmを引き出す。

 これを原動力に、4.9秒の0-100km/h、250km/hの最高速(リミッター作動)をマーク。その一方で、40.0km/Lのハイブリッド燃費を実現している。モーターだけで駆動するEV走行時の最大航続距離は46kmで、その際の最高速は135km/hに届く。

 「ハイブリッド」モードには「オート」と「ホールド」の2種類を設定。「オート」を選択すると、標準装備される「MMIナビゲーションプラス」でルートガイダンスが開始されると予測効率アシスタントが起動。目的地までのルート内でバッテリーの電気エネルギーがインチェリジェントに使われる。

 一方「ホールド」ではバッテリーに蓄えられている電力の放出と回復を最小限にとどめる。郊外ではガソリンエンジンがメインとなるが、都市部では排ガスを出さないようモーターをメインに駆動するといった制御がなされる。ちなみに新型A8に搭載される回生ブレーキは、ブレーキング時に最大25kWの電気エネルギーが回収できるが、この「60 TFSI e クワトロ」では最大80kW回収できるという。

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ