MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. レヴォーグ

新型は大きい? 小さい? 新型スバル・レヴォーグ 新型と現行のサイズを比較してみる【東京モーターショー2019】[1/2]

  • 2019/10/23
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
新型レヴォーグ

新型レヴォーグが東京モーターショー2019で発表された。SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用した新型レヴォーグ。現行(初代)レヴォーグと比較してみよう。

新型と現行型を重ね合わせてみると

青いボディが現行、奥に見えるシルバーが新型レヴォーグだ

サイドビューで新旧を比べる

新型レヴォーグ

新型のボディサイズは、未発表だ

現行レヴォーグ

全長×全幅×全高:4690mm×1780mm×1490mm ホイールベース:2650mm
再び新型と現行型を重ね合わせた写真に注目してほしい

 新型のボディサイズは未発表だが、タイヤは、ともに18インチホイールなので、このホイールを重ね合わせてみると、おおよそのサイズが見えてくる。

 まずは、ホイールベースは、現行の2650mmから延長されている。SGPのインプレッサ、フォレスターが2670mmだから、おそらく同じ2670mmなのではないかと推測する。

 全長は、写真から分析する限り、ほとんど変わらない。現行の4690mmから大きくなっても20-30mm程度なのではないだろうか。
 

フロント7:3ビューで新旧を比べる

新型レヴォーグ

新型レヴォーグ

 スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”らしい、シャープなデザインを身に纏った。

 ボディ骨格を強固に組み立ててからアウターパネルを溶接するフルインナーフレーム構造を採用。高剛性化と軽量化を両立し、動的質感を大きく向上したという。

現行レヴォーグ

現行レヴォーグ

 現行レヴォーグは、2013年の東京モーターショー(つまり、3回前の東京モーターショー)でワールドプレミアされ、翌2014年春に日本で発売された。基本的に国内専用車として開発された初代レヴォーグだが、欧州市場でも販売されている。

 エンジンは、1.6ℓ水平対向4気筒DOHC直噴ターボ(FB16型)と2.0ℓ水平対向4気筒DOHC直噴ターボ(FA20型)の2種類。トランスミッションは、スバル独自のチェーン式CVTであるリニアトロニックを使う。

リヤ7:3ビューで新旧を比べる

新型レヴォーグ

 スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”らしい、シャープなデザインを身に纏った。

 特徴的なのはホイールアーチだ。現行モデルの素直なラウンド形状から、シャープで力強い切れかいたホイールアーチとなった。

 ボディ骨格を強固に組み立ててからアウターパネルを溶接するフルインナーフレーム構造を採用。高剛性化と軽量化を両立し、動的質感を大きく向上したという。

現行レヴォーグ

 現行レヴォーグのボディサイズは
全長×全幅×全高:4690mm×1780mm×1490mm
ホイールベース:2650mm
である。

おすすめのバックナンバー

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ