MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

新世代の電気自動車として注目されるビジョンEQSが日本襲来 メルセデス・ベンツは本気だ! VISION EQS、GLC F-CELL、スマートEQ fortwoをアジア初公開し、さらに日本初公開モデルは4台!!【東京モーターショー2019】

  • 2019/10/23
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真左から、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長兼CEO、ダイムラー社メルセデス・ベンツ乗用車・海外セールス/マーケティング部門最高責任者マティアス・ルアーズ氏、メルセデス・ベンツ研究開発部門アドバンスド・デザイン担当のホルガー・フッツェンラウブ氏。

 メルセデス・ベンツ日本は、第46回東京モーターショー2019に出展し、プレスデー初日の23日に報道関係者向けの発表を行った。なかでも、次世代のエグゼクティブEVとして注目される高級サルーンのVISION EQSを含む3つのモデルがアジア初公開となり、大きな注目を集めた。

新世代の電気自動車として注目されるビジョンEQS

メルセデス・ベンツVISION EQS

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長兼CEO
 発表会を前に、メルセデス・ベンツのブースにある展示車両は、4台がベールに包まれていた。定刻にスタートしたプレスカンファレンスは、バンドfox capture planによる演奏で開演し、メルセデス・ベンツ日本の代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏が登壇。

 ブースのコンセプトについて、次のように説明した。

「メルセデス・ベンツ・スタンドでは、ブランドの“いま”をお伝えすることをテーマに、最新のラインナップ14台の展示を行います。また、東京モーターショーをきっかけに、お客様にブランドに親しんでいただき、継続的にブランドと繋がっていただけるように様々な取り組みを行います」

 さらに、今後のCASE戦略について、上野社長は「ダイムラーは、本年中に20モデルの電気自動車とプラグイン・ハイブリッドを導入します。また、2030年までには、その販売比率を50%以上にすることを明言しております。日本でも本年7月にメルセデス・ベンツ初の電気自動車であるEQCを導入させていただきました」と語った。

メルセデス・ベンツ研究開発部門アドバンスド・デザイン担当のホルガー・フッツェンラウブ氏
 独・フランクフルトショーでは多くのEQモデルが公開されたが、そのなかでも一躍注目されたのがビジョンEQSだった。今回、東京モーターショー会場での発表はアンベールではなく、ブースの裏側から実走して登場する派手なパフォーマンスを行った。そう、ベールに包まれていた車両以外も初公開モデルは存在したのだ。

 メルセデス・ベンツ研究開発部門アドバンスド・デザイン担当のホルガー・フッツェンラウブ氏は、ビジョンEQSの開発コンセプトについて説明。「従来にはない、エモーショナルなラグジュアリーモデルとしてデザインした」と力説した。

水素自動車のGLC F-CELLは、2020年半ばに日本発売へ

メルセデスAMG A45S 4MATIC+ Edition 1
メルセデス・ベンツEQC F-CELL

 また、E350de、AMG A45S 4MATIC+ Edition 1もステージ横から姿を現した。ダイムラー社のメルセデス・ベンツ乗用車・海外セールス/マーケティング部門の最高責任者であるマティアス・ルアーズ氏が登壇し、スマートEQ fortwo、メルセデス・ベンツE350deについて解説した。

 さらに、事前情報にはなかった水素自動車GLC F-CELLも登場するという、サプライズも用意されていた。このGLC F-CELLもアジア初公開モデルで、2020年半ばには発売する予定があることも発表された。

メルセデス・ベンツE350de
メルセデス・ベンツV220 d AVANTGARDE long

 メルセデス・ベンツブースには、V220 d AVANTGARDE long、AMG A45S 4MATIC+ Edition 1といった話題のニューフェイスも展示されており、初公開モデルを含め「会場で実車を見たい」という魅力に溢れている。

“つながる”体験を提供するというコンセプトで、スマホを使ったスタンプラリーをブース内で実施するほか、メルセデス・ベンツやメルセデスAMGグッズの販売コーナーの展開などアトラクションも充実。東京モーターショーへ行ったら、メルセデス・ベンツブースは必見だ。

ブース内に設置されたメルセデス・ベンツ コレクション

【メルセデス・ベンツ展示車両 一覧】
メルセデス・ベンツVISION EQS (アジアプレミア・参考展示)
スマートEQ fortwo(アジアプレミア・参考展示)
メルセデス・ベンツEQC F-CELL (アジアプレミア・参考展示)
メルセデス・ベンツE350de(ジャパンプレミア・発表モデル)
メルセデス・ベンツV220 d AVANTGARDE long (ジャパンプレミア・発表モデル)
メルセデスAMG A45S 4MATIC+ Edition 1(ジャパンプレミア・発表モデル)
メルセデスAMG A35 4MATIC Sedan(ジャパンプレミア)
メルセデス・ベンツCLA200d
メルセデス・ベンツB180 ※
メルセデス・ベンツC200 Laureus Edition
メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC ※
メルセデス・ベンツGLC300 4MATIC
メルセデス・ベンツS560 long Chauffeured Limited
メルセデスAMG GT63S 4MATIC+
※10月23日は非展示の車両。

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ