MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. センチュリー

トヨタの車名は「C」から始まる? センチュリー、クラウン、カローラ、カムリ、C-HR……とりあえず全部思い出してみた(19年11月15日更新)

  • 2019/11/15
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタのクルマは、頭文字が「C」のネーミングを持つものが多い。フラッグシップのセンチュリーを筆頭に、クラウン、カローラ、カムリなどなど。なぜなんでしょうか? 理由はよくわからないけれど、とりあえず思い出せるだけ思い出してみました。

CENTURY(センチュリー)

なぜCで始まるのか? その理由は……わからない!

 昔からトヨタの車名には「C」から始まるものが多い。センチュリー、クラウン、コロナ、カムリ、カローラ……記者が小学生の頃(昭和50年代です)、父親に「トヨタのクルマの頭文字はCなんだ」と教えられ、なんだかものすごいことを知ってしまったような、大人の知識を得たような気がしたものだった。

 では、なぜトヨタのクルマはCを頭文字に持つことが多いのか? これについては、「クラウンが売れ、コロナも売れたから、ゲンを担いで車名の頭にCをつけるようになった」という説が有力ではあるが、実際のところはよくわかっていない。

 何度かトヨタの人(広報担当者や開発者など)、販売店の人とこの話題になったことがあるが、明快な答えが返ってきたためしがない。

CROWN(クラウン)

 まぁ、こういうのは少々謎めいていた方が面白い、という見方もある。トヨタのほかにも、たとえばロータスはほぼすべての車種が「E」で始まるネーミングを持つが(セブンは例外のように思えるかも知れないが、あれはロータス伝統のタイプナンバーをそのまま車名にしたもので、それはそれで伝統に則っているのだ)、これも本当の理由は明らかにされていない。

 Cで始まるトヨタ車や、Eで始まるロータス車について、思いつくまま挙げてみたり、その理由を自分なり考えたり、それを酒でも酌み交わしながら論じたりするのも粋ではないか。

CAMRY(カムリ)

 そんなことを考えていたら、とりあえず思い出せるだけ思い出してみたくなったので、ここに列記してみよう。

CENTURY(センチュリー)
CELSIOR(セルシオ)
CROWN(クラウン)
COMFORT(コンフォート)
CLASSIC(クラシック)
CHASER(チェイサー)
CRESTA(クレスタ)
CRESSIDA(クレシーダ)
CAMRY(カムリ)
CELICA(セリカ)
CORONA(コロナ)
CARINA(カリーナ)
CALDINA(カルディナ)
CURREN(カレン)
COROLLA(カローラ)
C-HR
CARIB(カリブ)※正式名はスプリンター・カリブ
CORSA(コルサ)
CYNOS(サイノス)
CAMI(キャミ)
COASTER(コースター)
CAVALIER(キャバリエ)
CERES(セレス)※正式名はカローラ・セレス
CIERO(シエロ)※正式名はスプリンター・シエロ
CYPHA(サイファ)※「Will」ブランドで販売

 以上、25種類だった。コロナ・マークⅡとか、クラウン・マジェスタとか、ほかの単語と組み合わされて別のモデルになる場合もあるので、車種の数はもっと多くなると思われる。

「まだまだあるじゃないか!」という方は、facebookのMotor-Fan.jp公式ページまでお知らせくださいませ。

COROLLA(カローラ)

 ちなみに「C」のほかには、「S」で始まる車名も実は少なくない。スープラ、ソアラ、スプリンター、スターレットなど、比較的スポーティな車種はSを頭文字とするネーミングが与えられるケースが多いように思える。これについては、また次の機会に取り上げてみたい。

「C」だけじゃない! 「頭文字(イニシャル)S」なトヨタ車たち! スープラ、ソアラ、サクシード、スターレット……

トヨタの車名は「C」から始まるものが多いと言われている。センチュリー、クラウン、カムリ、カローラ……確かにトヨタの主力モ...

あわせて読みたい

 しかし最近は、残念ながらこの法則が当てはまる車種が減り、とくに21世紀に入ってから(モデルチェンジではなく)新規に登場したモデルでCを頭文字とするネーミングを与えられたのはC-HRくらいしか思い当たらない。

 アルファード、プリウス、ヤリス、RAV4……など、Cを頭文字に持たない主力モデルも多い。

 ただ、ここへきてセンチュリーやカローラといった伝統的モデルが意欲的なフルモデルチェンジを受け、その存在感を再び強烈に放っているのも事実だ。古くからのクルマ好きにとっては、「C」で始まる車名を持つモデルこそ、トヨタが本気でつくっているクルマのような気がするのだが……まぁ気のせいでしょうね。

アルファードやヴェルファイアなど、頭文字に「C」を持たないネーミングが跋扈するのは、ちょっとさみしい……。

ビート、インテグラ、ストリーム……こんなにあった! 同じ名前のクルマとバイク〈ホンダ編〉(19年3月26日更新)

二輪と四輪、両方を手がけるメーカーとして知られるホンダ。マニア心をそそられるのは、同じ車名を持つバイクとクルマが存在...

あわせて読みたい

ハスラー、バンディット、そしてカタナも? 同じ名前のクルマとバイク〈スズキ編〉(19年5月16日更新)

ホンダと並び、二輪と四輪の両方を手がけるメーカーとして知られているスズキ。ホンダほどではないけれど、スズキにも同じ車...

あわせて読みたい

たったこれだけ? 日本語由来のネーミングを持つ日本車たち〈トヨタ・カムリ、日産フーガ、トヨタ86……〉【四輪編】(2020年2月3日更新)

クルマの名前と言えば、アルファベット表記が当たり前。となると、どうしてもインドヨーロッパ系言語をルーツとする車名が多...

あわせて読みたい

意外と多い? 日本語由来のネーミングを持つ日本製オートバイたち〈ニンジャ、カタナ、ハヤブサ……〉【二輪編】(19年1月21日更新)

バイクの名前は数字やアルファベット表記が当たり前。となると、どうしても欧米系の言語をルーツとする車名が多くなる。英語...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ