MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. ロードスター

これはシブい! 新型マツダ・ロードスターがシルバーのソフトトップを新採用! ブレンボ製フロントブレーキも|スポーツカー速報

  • 2019/11/14
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で最も人気のあるオープンスポーツカー、マツダ・ロードスターが年次改良を受け、シルバーのソフトトップを新採用し、新たにポリメタルグレーメタリックのボディカラーを追加するなど、その装いを深化させて登場した。そのほか、安全装備の強化なども施されている。

新たに設定された新ボディカラー「ポリメタルグレーメタリック」。

インテリアもさりげなく……ステッチのカラーを変更

 1989年に初代NA型がデビューし、累計販売台数が109万台を突破したマツダ・ロードスター。現行の四代目ND型がこのほど年次改良を受け、内外装にちょっとした、しかし効果的なお化粧直しを施された。

ブラックのレザーが映えるよう、ステッチの色をグレーに変更。

 エクステリア&インテリア系の変更点は下記の通り。

■新ボディカラーを採用
ロードスターの造形を豊かに彩る、ポリメタルグレーメタリックの新ボディカラーを採用。

■インテリアの質感の向上
・本革素材の上質感を提供するパーフォレーション(穴あけ加工)の設定。
・ブラック部分とのコントラストを際立たせ、上質さを演出するステッチカラーにグレーを採用。
・ステンレススカッフプレートを採用。

■走りの質感を向上
・RAYS社製鍛造16インチアルミホイール(RAYS ZE40 RS)を設定。1本あたり約800g、合計約3.2kgの軽量化を図り、バネ下重量の軽減を果たした。
・Brembo社製フロントブレーキを設定。RAYS社製アルミホイールとの組み合わせにより、優れたコントロール性とともに、スポーティで上質な足回りの質感を実現している。

RAYS製の鍛造16インチアルミホイールとBrembo製フロントブレーキ。

 さらには安全装備やインターフェイスの面でも進化が遂げられている。

■先進安全性能の拡充
・アドバンスト・スマートシティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)が夜間歩行者検知機能に対応。

■快適性/利便性の向上
・マツダコネクトをApple CarPlay、Android Auto™に対応。

 シルバーのソフトトップを採用するモデルは、「SILVER TOP」と名付けられた特別仕様車として設定される。価格は6速MTが316万9100円、6速ATが328万4600円だ。

新型マツダ・ロードスターRFが大人の色香を手に入れたらしい|スポーツカー速報

マツダ・ロードスターのリトラクタブルハードトップ仕様、「ロードスターRF」が年次改良を受け、新たにバーガンディ・レッドの...

あわせて読みたい

トンネルだと5分、旧道だと最大10時間! 【安房峠を越えて(酷道険道:長野県/岐阜県)】マツダ・ロードスター

長野県と岐阜県の県境にまたがる安房峠。 安曇野と飛騨高山を結ぶ交通の要衝であり、 今でこそトンネルの完成によってもの...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ