MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. ジューク

〈日産ジューク〉独創的なマスクと絶妙なボディサイズが魅力【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

  • 2020/01/05
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:NISMO RS

・月間登録台数 215台 (19年5月〜10月平均値)
・現行型発表 10年6月(グレード追加 18年8月)
・JC08モード燃費 18.0㎞/ℓ ※「15RX」系

REPORT●小林 秀雄(KOBAYASHI Hideo)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)
MODEL●森脇 亜紗紀(MORIWAKI Asaki)

※当記事は2019年11月発売の「2020年 国産&輸入SUV」に掲載されたものを転載したものです。

内外装の仕様はグレードによって大きく異なり、撮影車の「NISMO RS」はNISMO専用バンパーや18インチアルミホイールなどを標準装備。ボディ各部の見えない部分には補強も加えられている。タイヤはハイグリップなコンチスポーツコンタクト5を装着している。

■主要諸元 NISMO RS
全長×全幅×全高(㎜) 4165×1770×1570
室内長×室内幅×室内高(㎜) 1835×1470×1215
ホイールベース(㎜) 2530
トレッド(㎜) 前/後 1525/1505
最低地上高(㎜) 165
車両重量(㎏) 1410
エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量(㏄) 1618
最高出力(kW[㎰]/rpm) 157[214]/6000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 250[25.5]/2400-6000
燃料タンク容量(ℓ) 50(プレミアム)
トランスミッション形式 CVT
駆動方式 4WD
タイヤ・サイズ 225/45R18
最小回転半径(m) 5.3
JC08モード燃費(㎞/ℓ) 12. 6
車両本体価格 353万3200円

先進安全装置

カメラで前方の車両や歩行者を検知する予防安全技術を採用。衝突被害軽減を図るインテリジェントエマージェンシーブレーキのほか、車線逸脱警報、ハイビームアシストなどの安全機能をグレード別に設定する。

撮影車両データ

ボディカラー:ブリリアントホワイトパール
オプション装備:日産オリジナルナビ取り付けパッケージ(1万6500円)/アラウンドビューモニター+ディスプレイ付き自動防眩式ミラー(6万6000円)/特別塗装色(3万8500円)/他

ボディカラー

※は3万8500円高。 ☆は「NISMO」「Style NISMO」系を除く。

居住性

〈後席〉シート高:660㎜
〈前席〉助手席シート高:630㎜

シートもグレード別に、さまざまな仕様を用意。「NISMORS」は前席にレカロ製スポーツシートを備え、本格的なスポーツ走行にも対応する。デザイン優先のパッケージングを採用するため後席は狭く、ゆとりある居住性は期待しない方が無難だ。

「NISMO RS」は本革&アルカンターラ巻きステアリングやメタル調加飾などを標準装備。スポーティな個性が際立つ。空調は一部グレードを除いてオートエアコンが標準。ナビゲーションは販売店オプションとして設定されている。

うれしい装備

一部のグレードを除いてインテリジェントキーを標準装備。キーを携帯していれば、ドアノブのスイッチを押すだけで施錠と解錠が行なえる。
ノーマル、スポーツ、エコの3つのモードを選択できるドライブモードコントロールを装備。各モードに応じてディスプレイ表示も変化する。
ルームミラーに周囲の状況を表示するインテリジェントアラウンドビューモニターをメーカーオプション設定。4種類のビュー切り替え機能付き。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き:655㎜
〈後席格納時〉高さ:650㎜ 奥行き:1470㎜ 幅:890㎜

フロアの幅は意外と広く、9インチのゴルフバッグを横向きに置くことが可能。逆にテールゲートの傾斜により荷室上部の空間が犠牲となり、天地方向にはあまりゆとりがない。後席シートは6対4分割可倒式。一部のグレードを除いて、取り外しが可能な大型ラゲッジアンダーボックスも装備され、荷室容量の少なさをカバーしている。

バイヤーズガイド

4WDが必要でなければ1.5ℓで十分。「15RX Vセレクション」が最もお買い得感がある。個性を発揮したければ「パーソナライゼーション」で細部の色合いを変えればOK。スポーティなルックスが好みなら「Style NISMO」もお薦めだ。

エンジンは1.5ℓ自然吸気と1.6ℓ直噴ターボをラインナップ。後者には4WDも設定されている。「NISMO」、「NISMO RS」に搭載される1.6ℓターボエンジンは専用チューンが施され、動力性能をアップ。

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.121 2020年 国産&輸入SUVのすべて

最新車種の詳細部分まで解説

最新のコンパクトカー46車種をあらゆる角度で徹底解説。車両の購入サポートや最新車種の動向チェックなどの情報源として最適な一冊。

ダイハツ ロッキー颯爽と登場!

世界的に人気の高まるコンパクトSUV市場に登場した注目のロッキー。ダイハツが得意とする室内が広く走りに優れた新型プラットフォーム採用の万能な一台を詳細レポート。

最新コンパクトクロスオーバー海外試乗レポート

アウディのCセグメントクロスオーバーQ3に新たに加わった「Q3スポーツバック」とVWポロをベースにしたコンパクトクロスオーバー「Tクロス」の海外試乗レポートを掲載。

東京モーターショー 最新SUVレポート

東京モーターショーに登場した最新SUVを徹底取材。各社が考えるこれからのSUVとは? EV化の流れが本格化しつある次世代のSUVを詳細レポート。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ