MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 5008

〈プジョー5008〉3列シートを備えるミドルSUV【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

  • 2020/01/14
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:GT BlueHDi

・月間登録台数 149台 (19年5月〜10月平均値)
・現行型発表 17年9月(一部仕様変更 19年5月)
・JC08モード燃費 17.8㎞/ℓ ※「GT BlueHDi」

REPORT●塚田 勝弘(TSUKADA Katsuhiro)
PHOTO●中野 幸次(NAKANO Koji)
MODEL●大須賀 あみ(OSUGA Ami)

※当記事は2019年11月発売の「2020年 国産&輸入SUV」に掲載されたものを転載したものです。

2列シートのプジョー3008よりも全長が190㎜、ホイールベースも165㎜長く、伸びやかなフォルムと居住性を両立している。ルーフレールは全車に標準装備する。

■主要諸元 GT BlueHDi
全長×全幅×全高(㎜) 4640×1860×1650
室内長×室内幅×室内高(㎜) ―
ホイールベース(㎜) 2840
トレッド(㎜) 前/後 1580/1585
最低地上高(㎜) 170
車両重量(㎏) 1720
エンジン種類 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量(㏄) 1997
最高出力(kW[㎰]/rpm) 130[177]/3750
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 400[40.7]/2000
燃料タンク容量(ℓ) 56(軽油)
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 FF
タイヤ・サイズ 225/55R18
最小回転半径(m) 5.8
JC08モード燃費(㎞/ℓ) 17. 8
車両本体価格 481万8000円

先進安全装備

5〜140㎞/hで作動する衝突被害軽減ブレーキは、対停止車両は80㎞/h以下、60㎞/h以下では歩行者も検知して作動する。ほかにも、30〜180㎞/hで作動するACC、ステアリング制御付きレーンキープアシストなどを用意。

撮影車両データ

ボディカラー:パール・ホワイト&ブラックダイヤモンドルーフ
オプション装備:専用ナビ+ETCユニット(24万6950円)/ファーストクラスパッケージ(30万6000円)/特別塗装色(8万2500円)

ボディカラー

居住性

〈後席〉シート高:680㎜
〈前席〉助手席シート高:660㎜

〈3列目〉
1列目は背もたれの天地高が長く、適度なホールド性も確保されている。3席の幅が均等な2列目は、横幅が狭く感じられるが、足元は平らで頭上にも余裕がある。3列目はシートサイズ、足元も頭上も身長171㎝の筆者だとかなり狭く、非常席の域を出ない。

小径ステアリング、デジタルメーターパネル、オーディオ対応8インチタッチスクリーンなどからなる「i-Cockpit」を採用した先進的なインパネ。左右独立調整式オートエアコン、スマートキー/エンジンスタートボタンを標準装備。

うれしい装備

3列目、2列目に加えて助手席背もたれの前倒しも可能で、最長で約3.2mの長尺物も積載できる。スキーやサーフィンなどの相棒にもなる。
「ドライバースポーツパック」スイッチをディーゼルエンジンに備える。鋭い加速とパワステの手応えが増し、スポーティな走りを引き出せる。
メーターパネルは12.3インチとワイドで、ACCの作動状況などが分かるドライビング、カスタマイズできるパーソナルなどの4モードを用意。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き:310㎜
〈後席格納時〉高さ:820㎜ 奥行き:1800㎜ 幅:1130㎜

通常時は手荷物程度の奥行きしか残らないが、3列目、2列目ともにフラットに格納できるのが最大の美点。3列目格納時だけで荷室容量は702ℓに拡大し、さらに2列目シートも全部折り畳めば最大で1862ℓにもなる。さらに、手間が少し掛かるのと置き場所も必要だが、3列目は脱着も可能。ハンズフリー電動テールゲートも標準装備する。

バイヤーズガイド

Allure

ガソリン1モデル、ディーゼル1モデルのシンプルな設定ながら、両者の価格差60万円以上。“走り”のディーゼルを取るか、“バランス”のガソリンを取るかが吟味のしどころ。3列目シートは「緊急用」だ。

2019年5月の一部改良で、ガソリン車は改良型の1.6ℓ自然吸気エンジンと全車シフトバイワイヤの8速ATになった。ヒルディセントコントロール付きアドバンスドグリップコントロールは「GT BlueHDi」にのみ用意する。

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.121 2020年 国産&輸入SUVのすべて

最新車種の詳細部分まで解説

最新のコンパクトカー46車種をあらゆる角度で徹底解説。車両の購入サポートや最新車種の動向チェックなどの情報源として最適な一冊。

ダイハツ ロッキー颯爽と登場!

世界的に人気の高まるコンパクトSUV市場に登場した注目のロッキー。ダイハツが得意とする室内が広く走りに優れた新型プラットフォーム採用の万能な一台を詳細レポート。

最新コンパクトクロスオーバー海外試乗レポート

アウディのCセグメントクロスオーバーQ3に新たに加わった「Q3スポーツバック」とVWポロをベースにしたコンパクトクロスオーバー「Tクロス」の海外試乗レポートを掲載。

東京モーターショー 最新SUVレポート

東京モーターショーに登場した最新SUVを徹底取材。各社が考えるこれからのSUVとは? EV化の流れが本格化しつある次世代のSUVを詳細レポート。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ