MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

だって選べなくて… ニューモデル速報編集部:大津英昭が選ぶ「欲しいクルマ・オブ・ザ・イヤー2019」掟破りの1位2台チョイス!? やっぱりプレミアムSUVが……

  • 2019/12/22
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

年末恒例、当サイトの編集スタッフが「実際に欲しい!」と感じたニューモデルを発表する企画、それが「欲しいクルマ・オブ・ザ・イヤー」(略してHOTY)であります。技術的なトピックも業界的な意義も関係なし!2番手は、ニューモデル速報「すべてシリーズ」編集部の大津英昭です。

 年末進行で皆テンパってる中に回ってきたHOTY(欲しいカー・オブ・ザ・イヤー)原稿執筆のお達し。入稿作業が一段落したクリスマス前の金曜日の夜に書いているのはニューモデル速報編集部のオオツです。「すべてシリーズ」や「軽自動車のすべて」「SUVのすべて」等の「統括シリーズ」の制作で、幸いにもクルマに乗る機会は結構多いんです。評価に関してはシロートですが、シロートなりのチョイスをご笑覧くださいませ!

3位:ホンダN-WGN

 3位はN-WGN! 軽というくくりに関係なく、1台のベーシックカーとして最高! という理由ですね。

 まずドラポジがちゃんと合わせられる。N-WGNはチルトだけじゃなくってテレスコピックもついているので、ペダルでシート位置を合わせても、ステアリングが遠くなったりしない。コレ重要ですよ。

 で、走り出してみると、NAエンジンでもストレスを感じずに流れに乗れる。その時にエンジンが力を振り絞る感じじゃないのもいいですよね。ターボだったらもう余裕。高速道路でのペースの調整も思いのままだもの。

 そうそう、高速道路と言えば、N-WGNにはホンダ軽初の渋滞対応ACCが付いているのもポイント。ACCは一度使うともうACCナシのクルマは考えられなくなりますからね。

 N-WGNのACCは結構しっかりと使えて、NAエンジンでも大きく後れを取ること無く前車に追従してくれます。まぁエンジンはだいぶ頑張ってましたが……。

愛嬌のある丸目がウインカーの眉毛でキリッとしているのがいいでしょう?
アイボリー/ブラウンのコンビシートもシンプルでイイ!

 そしてスタイリング。個人的にはカスタムよりも標準車の方が好み。丸ライトがシンプルでいいじゃないですか。可愛さ優先じゃ無くて、自分のようなオッサンでも恥ずかしくないのもGOOD。このシンプルっていうのがN-WGNのポイントで、インテリアも標準車のアイボリー/ブラウンのカラーコンビネーションが清潔感もあっていいですよね。

 自分が買うなら、標準車のターボモデル、L・ターボ Honda SENSING。ボディカラーはブラウン/ホワイトルーフの2トーンで決まり。外観にはオプションでボディ同色グリルと、ホワイトセンターのディッシュホイールを付けるとベストかな。

ホンダHPのセルフ見積もりで作ってみました。これなら男性でもイケるでしょ? ちなみにナビ、ETC、ドラレコ、リアカメラdeあんしんプラス2も追加した見積もり額は228万5360円ナリ。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ